初対面の人に会ったとき、外見から何となくその相手を判断しませんか?
「年齢はどのくらいか、どんな仕事なのか、頭は良さそうか、清潔なのか、どんな育ちなのか……」。実は、人間は相手からの自己紹介よりも、「自分が感じ取った全体の印象を信用する」ことが分かっています。
ビジネスでの服装は、ただの「おしゃれ」だけでなく、「まず自分の話を聞いてもらえるかどうか」に直結します。「服のことを知っているかどうか」は、仕事を左右するのです。
その上、スーツはアイテムが少ないので、覚えるべきことは実はそんなにありません。
5月25日に発売される『ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる』から、どんな場合でも、ビシッとスーツが着られるようになるルールについてお知らせします。

ポケットチーフはクールビズで使うとお洒落

ポケットチーフ、ビジネスシーンでは、相手と場所、状況によってするかしないかを判断するようにお伝えしています。
ポケットチーフをしているだけで、あまりいい印象を持たない人も、少なからずいるからです。

しかし、晴れの場でのおしゃれ度は抜群。
パーティや、受賞を受けるとき、あるいは大きな会場でのスピーチをするときなど、ポケットチーフを胸に挿しているだけで、一気に華やいだ雰囲気になります。
その場にいる方々に心地良い時間を過ごしてもらうためにもおすすめします。

あともうひとつ、特におすすめしたいシーンがあります。
それが、クールビズのとき。
ネクタイをしないので、もしクールビズの最中に大切な人に会うときはおすすめです。
実際にある経営者がしていたのですが、普段はしないポケットチーフを、大切なお客さまに会う場合にしていました。
ノーネクタイの日にはポケットチーフも浮かず、とても素敵な装いになります。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)