日本代表招集外のMF宇佐美貴史、来シーズンのポジションは「10番のポジションになる」《海外組合宿》

写真拡大 (全3枚)

▽日本代表は28日、千葉県内で海外組合宿を実施。約1時間半にわたりトレーニングを行った。

▽練習後、日本代表には招集されていないものの、バックアップメンバーとして海外組合宿に呼ばれたMF宇佐美貴史(アウグスブルク)がメディアの取材に応対。難しいモチベーションながらもしっかりと準備すると意気込みを語り、来シーズンはクラブでのポジションも変更があることを明かした。

◆MF宇佐美貴史(アウグスブルク/ドイツ)

(C)CWS Brains,LTD.
──微妙な立ち位置での参加となるがどのようなモチベーションですか

「準備を求められているので、黙々と良い準備をしたいと思っています。良いモチベーションでいます」

──ヴァイッド・ハリルホジッチ監督とはなにか話しましたか

「着いてすぐ話しました。チーム(アウグスブルク)のことと、この合宿について話しました」

──アウグスブルクでの1シーズン目が終わりましたが

「苦しい1年でした。チームとしてもなかなかうまく行かなくて、でも最後に盛り返して残留も決めました。間違いなく良い1年とは言えないですけど、今年のことをどう次の1年に生かすかということしかないです」

──合宿参加の連絡があったのはいつですか?

「昨日(27日)の夜ですね。明日の昼に幕張に来いと(笑)」

(C)CWS Brains,LTD.
──予定していたことがあったりは?

「(予定は)大分飛んでます(笑)。それでも来なくてはいけないですし、来れることを光栄に思うのが代表です。準備を求められているので、モチベーションは難しい部分はありますけど、求められたことをするのが選手の宿命だと思います。急に呼び出されようが、予定が飛ぼうが、やり続けるだけです」

──来シーズンに繋げたい部分は

「来シーズンはポジションを変えると、監督とGMと話しました。真ん中の10番のポジション(トップ下)でやってほしいということだったので、結構変わると思います。よりボールに触れるポジションでやらせてもらったほうが、自分の特徴を生かせると話して決めました。この合宿で、今日は走りの部分をどこまで伸ばせるかという練習もしましたし、来シーズンに向けた一歩にできたらと思います」