U-20イタリア対日本戦の微妙な結末

写真拡大

27日に開催されたU-20ワールドカップ(W杯)グループD第3節。日本代表とイタリア代表の2-2での引き分けで最も打撃を受けたのはアルゼンチン代表チームだった。

U-20ワールドカップのグループ予選は6つのグループに分けられ、ベスト16に進出するのは各グループの上位2チームと、各グループの第3位のチームのうち上位4チームである。
アルゼンチンは勝ち点3でグループAの第3位となった。

その後ドイツが勝ち点4でグループBの第3位となり、コスタリカも勝ち点4でグループC第4位となった。そして次はグループDの日本がイタリアと引き分け、勝ち点4で双方が引き分けた。
試合前半にイタリアが続けて2点を決めた後、日本が2点を返して追いついてからはお互いその均衡を破ろうとはしなかった。同点となったのちにはいずれのチームも闘争心を無くし、全く敵にプレッシャーを与えることの無いまま時が過ぎるのを待っていた。

この試合に対しアルゼンチン代表は抗議をしている。アルゼンチン代表がベスト16に進出する為には、グループEの最終戦で勝ち点1のベトナムが勝ち点ゼロのホンジュラスに敗れるか引き分けとなり、グループFの最終戦で勝ち点3のサウジアラビアがアメリカ合衆国に敗れないといけない。