朝の定番ともいえるトマトジュース。焼けるよう赤色は、視覚的にもエネルギーを注入してくれますよね。この赤色はトマトのもつ天然色素リコピンの色。リコピンには、私たちを元気にしてくれる力が秘められているんです。リコピンパワーを研究し続ける、カゴメの機能性表示食品「カゴメトマトジュース」をご紹介しましょう。

トマトジュースだからリコピンが効率よく摂れる

栄養満点のトマトを絞ってできたトマトジュースには、元気のもとがいっぱい。なかでも、トマトには赤色の天然色素であるリコピンが多く含まれています。完熟トマトであるほどリコピン含有量が多く、熟しきっていないトマトを食べるよりは、旬のトマトを使ったトマトジュースの方がリコピンをしっかり摂ることができます。しかもリコピンは熱に強く、トマトジュースに加工しても失われることがありません。さらにリコピンは、生のトマトを食べるよりもトマトジュースやケチャップなどに加工したほうが、効率よく取れるとも言われているんです。

リコピンで善玉コレステロールが増やせる

トマトジュース販売で実績のあるカゴメでは、長期にわたるリコピン研究が功をなし、自然のトマト由来リコピンだけを豊富に含む、トマトジュースを作ることに成功しました。健康食品の中にはトマト色素を加えることにより、人工的にリコピンを添加している商品も数多く存在しています。添加物なしのカゴメトマトジュースは努力のたまもの、機能性表示食品として認可を受けているのも納得できます。

リコピンがなぜ体に良いのか。その機能はさまざまですが、中でも善玉(HDL)コレステロールを増やす働きに注目が集まっています。血中コレステロールが気になる方にはおすすめです。近年では生活習慣病である動脈硬化や心疾患が増えており、予防のために普段から、血中コレステロール値をコントロールしておくことが大切。カゴメによれば、血中コレステロール値を抑えるためには、善玉コレステロールを増やす必要があるとしています。そこでトマト由来のリコピンを毎日15mg以上、8週間以上摂取すれば、血中の善玉コレステロールを増やせるのだそうです。機能性表示食品カゴメトマトジュースなら、15mg以上のリコピンが簡単に摂取できてしまいます。

カゴメが独自に開発した「高リコピントマトジュース」

カゴメトマトジュースはお好みに合わせて、食塩入りタイプ、または食塩無添加タイプが選べます。ジュースの原材料は、食塩を除けばトマトのみ。余分な添加物が一切入っていないので安心して飲めますね。そしてぜひおすすめしたい、スペシャルなカゴメトマトジュースがあります。それはカゴメが開発した「高リコピントマト使用のトマトジュース」。1日目安量の1本に21.7〜40.1mgものリコピンを含み、リコピンがしっかり補給できる優れものです。コレステロール値が気になるけれど、なかなか習慣的に運動できない。そんな悩みがある方でも、カゴメトマトジュースなら簡単に続けられます。機能性表示食品を上手に利用して、血中コレステロールのコントロールを始めてみませんか。


writer:Akina