決勝トーナメントへ進んだU-20日本代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 韓国で開催中のU-20ワールドカップ(W杯)は、28日にグループEおよびFの最終節が行われ、グループステージの全日程が終了。決勝トーナメントへ進む16チームが出揃った。

 グループEではフランスがニュージーランドを下して全勝で首位通過。2位のニュージーランドも16強へ進んだ。グループFは2試合ともドローに終わり、アメリカが1位、セネガルが2位に入っている。3位のサウジアラビアも他グループとの兼ね合いにより決勝トーナメント進出が決まった。

 U-20日本代表は27日に行われたグループD最終節のイタリア戦を2-2のドローで終えて決勝トーナメント進出が決まり、ベスト16ではグループB首位通過のベネズエラと対戦することが決定。ベネズエラを下して準々決勝へ進んだとすれば、アメリカ対ニュージーランドの勝者と対戦することになった。

 準決勝まで進んだ場合に対戦する相手は、韓国、ポルトガル、ウルグアイ、サウジアラビアのいずれか。フランスやイングランド、イタリア、ドイツなどとは決勝まで進まなければ対戦することはないという組み合わせとなった。

 ベネズエラ対日本の試合は、決勝トーナメント1回戦の最初の試合として30日の17時から行われる。ベスト16の組み合わせは以下の通り。

5月30日17時 ベネズエラvs日本
5月30日20時 韓国vsポルトガル
5月31日17時 ウルグアイvsサウジアラビア
5月31日20時 イングランドvsコスタリカ
5月31日20時 ザンビア対ドイツ
6月1日16時30分 メキシコ対セネガル
6月1日20時 フランス対イタリア
6月1日20時 アメリカ対ニュージーランド

text by 編集部