【警告】FC東京=なし 甲府=なし
【退場】FC東京=なし 甲府=なし
【MAN OF THE MATCH】堀米勇輝(甲府)

写真拡大 (全4枚)

[J1・13節]FC東京-甲府/5月28日/味スタ
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 5
事故に近い失点が響き、格下の甲府に大苦戦。とりわけ後半は攻守のバランスが悪く、いくつかピンチを迎えていた。ホームで痛恨のドローと言える。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 6
堀米との1対1はノーチャンス。止めろというほうが無茶なシチュエーションだった。もっとも、ウイルソンの決定機を止めるなど試合を通しては安定していた。
 
DF
2 室屋 成 5.5
センターライン付近でボールを持った時のプレーに工夫が見られなかった。欲を言えば、敵最終ラインの裏を突く動きがもっと欲しかった。
 
3 森重真人 6
虚を突かれた甲府の同点ゴールは致し方なし。失点以外のところで大きなミスはなく、フィジカルの強さを見せつけていた。
 
5 丸山祐市 5.5
対人プレーでしっかりとボールを奪い切った前半は冷静な対応が光る。ただ、少しオープンな展開になった後半はウイルソンに手を焼くシーンも。
 
6 太田宏介 6.5
前半の2分にいきなりCKから郄萩の先制点をアシスト。果敢に1対1を挑んでくるウイルソンの気迫に怯まず、上手く防いでいた。
 
MF
8 郄萩洋次郎 6
太田のCKに打点の高いヘッドで合わせて幸先良く先制点を奪う。中盤ではシンプルなパス回しとマークの受け渡しが目を引いた。
 
15 永井謙佑 5(45分OUT)
献身的に走ったものの、チャンスボールに恵まれず。ゴール前で仕事らしい仕事をできないまま、前半だけでピッチを退いた。
 
27 田邉草民 4
中途半端なバックパスを堀米にかっさらわれて、そこから同点ゴールを奪われてしまった。84分の決定機逸も痛恨で、“最悪の試合”に。
 
38 東 慶悟 5.5(70分OUT)
ピッチを縦横無尽に動き回り、チャンスになりそうな局面では積極的にボールを呼び込もうとしていた。ただ、目に見える結果は……。
FW
9 ピーター・ウタカ 5(82分OUT)
前線での運動量が少なく、集中を欠く場面も見受けられた。この日は利他的なプレーが影を潜め、やや孤立していた感もあった。
 
13 大久保嘉人 5.5
ストライカーというより中盤の捌き役として存在感。それが良いか悪いかはさて置き、シュートが少ないのは気掛かりだ。
 
交代出場
MF
44 阿部拓馬 5.5(HT IN)
守備を怠らずに、攻撃では流動的に動いてボールに関与。48分、62分と相手にとって危険なゾーンでボールを受けてP・ウタカのチャンスを演出したが、決定的な仕事をしたかと言えばそうではなかった。
 
MF
23 中島翔哉 5.5(70分IN)
オフサイドにはなったものの、ピッチに立ってすぐに絶妙なパスで魅せる。ただ、田邉にも絶好機をお膳立てしたとはいえ、チームを勝利に導けなかった点で不満が残った。
 
FW
20 前田遼一 ―(82分IN)
試合終盤に2トップの一角として投入された。出場時間が短く評価は不可。
  
監督
篠田善之 4.5
開幕当初と比較しても、オフェンス面での向上が見られない。試合後にファン・サポーターからブーイングを浴びせられるのも当然だろう。
 
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
試合内容は決して良くない。堀米のラッキーなゴールがなければおそらく負けていただろうという試合か。それでも、決勝点を堀米の勝負強さ、後半の3バックとGK岡の粘り強い守備は良かった。