「ノー」に傷つく必要はない 成功するため6つのヒント

写真拡大

投資銀行家の夫が全てを賭けて、全てを失ったとき、カーラ・ロスは自分自身と幼い2人の娘のために、夫の元を離れた。離婚当時、まとまったお金は全く持っていなかった。

だが、ロスは小規模ながら自分でジュエリー作り、販売するビジネスを始めていた。その事業が何とかうまく行っていたことで、住む部屋と食べるものは何とか確保することができた。

自身のブランド「カーラ・ロス・ニューヨーク」を2003年に立ち上げた彼女は今、そのビジネスを社会的影響力のあるものに変えようとしている。ロスが運営する「アンリーシュト(Unleashed、解き放たれた、の意味)」は、米国で宝飾品を販売して得た利益により、主にアフリカとインドで女子教育と女性の雇用創出のための活動を行っている。女性たちが持続可能で自立した、そして自身の人生を変えるような仕事を得る手助けをしているのだ。

そのロスから筆者が学んだ仕事と人生に関する6つのヒントを、以下に簡単に紹介する。

1. 「拒絶」に傷つく必要はない

ロスは何かを断られても、傷つくことはない。「ノー」という言葉を個人的には受け止めないのだ。ビジネスを始めたころ、初めて有名店に自分のジュエリー・コレクションを持ち込んだところ、バイヤーに作り直してきてほしいと言われた。出直したが、二度目も「欲しいのはそれではない」との返事だった。

そこでロスは、「3度目はこの人をとりこにするものを作る」と決意。全力を尽くして新しいコレクションを作り、ようやく購入してもらうことができた。

「何であれ自分が情熱を傾けられることをしているなら私はいつでも、(相手がノーと言うなら)もっと良いものに仕上げようと思える」

2. 10個のボールで「ジャグリング」する

ロスはいつでも、10個のボールでジャグリングをしている自分を思い描いている。ボールの1つを地面に落としても、「まだ9つをうまく操っている。問題はない」と考える。常に全てがうまく行くわけではない。だが、やるべきことが複数あれば、そのうちのいずれかは、最終的に成功に終わるというのだ。

ただ、選択肢は複数が必要だ。何か一つだけに全身全霊を注ぎ、それがうまく行かなかったときには、心の底から落胆してしまう。

3. 自分に「誇り」を持つ

「私は自分の得意とすることを仕事としていると考えており、自分の仕事に大きな誇りを持っている。だが、私を定義するのは仕事ではない。私を形作るのは道徳心であり、価値観であり、そして家族だ。家族は他の何よりも大切だ。その家族がいる上に、さらにビジネスで成功できたことを、幸運なことだと思っている」

4. 「えり好み」をする

「年齢を重ねることで得られる素晴らしいことの一つは、若いころに比べて、一緒に時間を過ごす人を自分で選べるようになるということだ。」

「私たちが持っているエネルギーの量は決まっている。それを奪い取る人たちと一緒にいる時間はない。人生は短いのだ。友人や恋人には、自尊心を高めてくれたり、その他のさまざまなことにより良い感情を持たせてくれたりする人を望むはずだ」

5. …から「卒業する」

ロスは、人が自分をどう思っているか、どう評価しているかについて、気に病むことはしない。

「人から好かれたいとは思うが、相手が自分を嫌いでも、そのことで眠れなくなったりはしない。私は自分がどんな人間かをよく知っているからだ。何を支持するか、どのような道徳観、価値観を持っているか、分かっているからだ」

「全ての人を喜ばせることはできないが、自分自身を幸せにすることはできる。ただ、自分を幸せな気持ちにさせるためには自分自身と、自分がよって立つものを知る必要がある」

6. ほぼ何にでも「イエス」と言う

「何にでも応じてみることだ。だが、それはあなたが何かをする機会を与えられる場合に限ってのことだ」

ロスによれば、「何でも」は自分なりに考えた上でのものでなくてはならない。そうでなければ、しようとすることが減り、実際に取り組むことは何もないという「弱点」を作ってしまうことになる。

「どのビジネスでも、実行することが非常に重要だ。そして、一度に全てを実行することはできない」