中国ドローン大手の大疆創新科技有限公司は米国で24日、初の手のひらサイズのドローン「暁」を発表した。

写真拡大

中国ドローン大手の大疆創新科技有限公司は米国で24日、初の手のひらサイズのドローン「暁」を発表した。ジェスチャー制御、ワンキー撮影などのマンマシンインターフェース機能により、ユーザーはかつてない操作体験を味わうことができる。新華網が伝えた。

【その他の写真】

このクワッドコプターのサイズは空き缶1つ分で、重さは1ポンド(約450グラム)未満だ。米国での小売価格は500ドルで、中国は3299元(1元は約16.25円)から。ユーザーはジェスチャーで操作すれば、ドローンは手を動かした方向に移動する。さらに手をかざしたまま前後に移動すれば、ドローンはユーザーとの間の距離を保ちつつ移動する。手を振れば、ドローンは10フィート(約3メートル)離れた場所まで移動する。ドローンに搭載されているカメラは操作する人を捉えることができるため、自撮りしやすい。(提供/人民網日本語版・編集/YF)