「自己発光オフィス」コ・アソン“自分の演技は5年経たないと観られません”

写真拡大

「自己発光オフィス」出演のコ・アソンが女優としての30代が楽しみだと話した。

コ・アソンはMBCドラマ「自己発光オフィス」終了インタビューで、自身の演技に対する所信を述べた。

この日、コ・アソンは涙を流す切ない演技に対して「私の演技スタイルだと思います。悲しいシーンでは本気で泣かなければ、視聴者に共感していただけないと思うんです。本気で感情を全部使って、本気で泣きました」と話した。

彼女は「普段は落ち着いている方です。撮影する時は、多くの方と共感して呼吸を合わせなければならないので、ある程度はウキウキしている必要があると思んです。でも普段はそういう事がないのでそのギャップが大変でした。しかもドラマの撮影はほとんど一日がかりなので、リフレッシュする機会もなくて……。なので撮影が終わるまでは、その状態を保つために努力していました」と、撮影現場での振る舞いについて語った。

今作の視聴率に対してコ・アソン「残念ではありましたけど、撮影現場ではそれが重要ではなかったと思います」と話し、自身の演技に点数をつけてほしいという質問には「映画は、撮影してから5年後になってやっと楽な気持ちでそれを観ることができました。その前までは撮影する時を思い出して、客観的に観られなかったです。ドラマも同じで、5年ほど経てば観られると思います」とはにかみながら答えた。

彼女は“女優”という仕事に愛情を表した。「女優は人生の職業ですが、一生のうち、かなり多い部分を占めていると思います。道を歩きながらも人々に目に留まり、人を研究する職業であるので、一瞬も仕事を忘れたことがないんですね。でも私の人生が、仕事に帰属されるのが幸せです。私の人生をすべて詰め込むことのできる、大きな職業に出会えました」と幸せな表情を見せた。

コ・アソンは「ずっと感性を失わないように努力するのが大変といえば大変です。メイクさんが私に、私たちの職業は単純な職業ではなく、時代を追っていく職業だとおっしゃっていて、だとしたら私はずっとこの社会に混ざっていたいし、淘汰されたくないです」と説明した。

彼女は「自己発光オフィス」に対して「才能を広げる場所が必要だったので、この役に出会えたのは幸運でした。ドラマの魅力ははっきりとあって、瞬発力を発揮できる点と大胆になる部分があるんですね。撮影を重ねるにつれてそうなんです。映画とは違った、もっと大胆になることができて、瞬発力を発揮することができて、アドリブもそうですし、そういう部分が多いと思います」とドラマの魅力について語った。

「役者が安定したポジションになる事はないと思います。以前、オーディションをたくさん受けていた時は、ある瞬間には切実さが減ったりもしていました。そして永遠にこんなふうに不安定なんだろうなという想いを、5年前に持つようになりました。私の役者としての人生は、きっと30代に判明すると思います。自分の特性やエゴなどを考慮した時、その時に美しい時代を過ごせるような気がするんです」と、30代への期待を表した。