プレーオフを制してこのガッツポーズ!(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<リゾートトラスト レディス 最終日◇28日◇オークモントゴルフクラブ(6,538ヤード・パー72)>
カン・スーヨン(韓国)が全美貞(韓国)、藤田さいきとの三つ巴のプレーオフを制し優勝。昨年の「サントリーレディス」以来となる日本ツアー通算3勝目を挙げた。

カンは16番パー3でボギーを叩き、その時首位を走っていた藤田と2打差に。「厳しいかな」と思ったそうだが、藤田が18番でボギーを叩いたことが分かり「まだチャンスはある」と心を奮い立たせた。
18番のセカンドは残り132ヤードを9番アイアンで3メートルにつけバーディ。プレーオフに持ち込むと、18番の繰り返しで行われたプレーオフ1ホール目でセカンドショットが正規とまったく同じ距離が残ることに。同じく9番アイアンで同じように3メートルにつけると、これを沈めて勝負を決めた。
「ゴルフが上手くいかないストレス」から胃腸炎になってしまい、先週は韓国の病院で検査を受けてきたというカン。前回は追突事故で負った首痛を抱えながらの勝利、「日本で勝つときは体調が悪い」と笑っていた。
会見で一番驚いたのは、報道陣から宮里藍の引退について尋ねられた時。日本ではニュースを見ないカンはその事実をまったく知らなかったという。アメリカで同時期に戦っていたことがあり、宮里とは旧知の中。2週間前に「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」で雑談したそうだが、その時はまったくそんな話は出なかったという。
「一緒にいると気持ちの良い人。いつも笑顔。まだできると思うのに残念」と宮里の引退を惜しんでいたカン。自身は宮里より10歳上の41歳、「体がやっていい、という限りはやります」と静かに、しかし力強く言い切った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

イ・ボミは40位で終戦「またサントリーでがんばります」
韓国ツアー参戦中のアン・シネ、スコアを落とし29位で終戦
好調キム・ハヌル、今週はイーグル賞奪取!宮里藍の引退には…
これぞベテランの味!カン・スーヨンがノーバーディで逃げ切り日本2勝目
女子プロのオフショットまとめました!