不発に終わった大久保。チームを勝利に導くことはできず。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

[J1リーグ13節]FC東京 1-1 甲府/5月28日/味スタ

 J1リーグは5月28日、13節の3試合を開催。味の素スタジアムでは、FC東京対甲府の一戦が行なわれ、互いに1点ずつを取り合いドローに終わった。

 試合は立ち上がりの2分に、CKから郄萩洋次郎がヘディングシュートを流し込み、FC東京が幸先よく先制する。

 しかし、その後は追加点を奪えずにいると、ビルドアップのミスから甲府の堀米にボールを奪われ、そのままゴールに流し込まれ同点に。

 後半は互いにチャンスを作るもののゴールは生まれず、ドローに終わった。

 しかし皮肉にも、1-1のドローで最も盛り上がったのは試合終了後。FC東京の不甲斐ない戦いぶりに業を煮やしたホームサポーターが、自チームに盛大なブーイングを送ったのだ。試合終了直後、さらにはゴール裏での選手の挨拶時に、FC東京は厳しい叱咤激励が送られる結果となった。