「トイレ近い系男子」が増えている【辛酸なめ子】

写真拡大

【いまどきの男を知る会 ファイルNo.1 トイレ近い系男子】

◆『君の名は』中に10人も…

 トイレ近い系男子が増えている……それを実感したのは昨年、映画館でのこと。新宿の映画館で『君の名は。』を、出入り口付近の席で鑑賞していたら、トイレに立つ男性がやたら多く、10人位いて違和感を覚えました(女性は1、2人)。リピーターが多い作品なのでトイレで席を外してもストーリーが把握できているのかもしれませんが……。

 最初、感極まってトイレで泣いているピュアな男子かと思いましたが、そういうわけでもなさそうです。

 その後、周りの友人にもトイレ近い系男子がいることがわかりました。「映画を観るのは自分の膀胱との戦い。『ラ・ラ・ランド』で大事なシーンで行きたくなってずっと腿に爪を立ててました」という話を聞くと、尿意に悩まされているのは大人女子だけではないようです(幼稚園時代に膀胱炎になった私も他人事ではありません)。

 そこで、編集部のご協力のもと、トイレ近い系男子の生の声を集めてみました。

◆のどの渇きからドリンクをぐいぐい

 まずは29歳でネット関係のお仕事をしている窪塚隆さん(以下全て仮名)。

「ものすごく暑い日でドリンクをぐいぐい飲んでいたら、映画が始まってから1時間位経って小の方が気になってきて、前かがみ気味に30分くらい我慢していた。でも我慢してたら今度はおなかが冷えたのか大の方もヤバくなりました」

 異変を感じた彼女に「どうしたの?」と聞かれ、「シーッ」と言おうとしたタイミングで両方ちょっと漏れ出て慌てて外へ。取引先から電話がかかってきたフリをしたそうで涙ぐましいです。4D映画だったら、匂いも演出だとごまかせないでしょうか……。

◆列の真ん中、ギリギリまで粘ったけど…

 続いてライター・35歳の清水貴嗣さんのエピソード。

「“ドラ泣き”で話題になった『STAND BY ME ドラえもん』3D版を観ていたとき。わりと列の真ん中で、ギリギリまで粘ったけど限界が来て、列の人たち一人ひとりの肩を叩き、めっちゃすいませんしながらトイレに行き、まためっちゃ謝りながら席に戻った。そのせいで中盤の内容があまり記憶になく、まったくドラ泣きできなかった」

 たしかにトイレの心配をしているときは尿意で頭がいっぱいでストーリーどころじゃありません。尿意は感動を超えます。

◆クライマックスほど行きたくなる

 尿意について深刻に悩んでいるのは、28歳のライター、今田幸太郎さん。映画の途中トイレに行くのは「しょっちゅうある」とのこと。

「ラストシーンが近づき、(これは絶対に見逃せない)と思った時、なぜか我慢できなくなってしまった」

 劇場から遠のいて、今は観たい作品はDVD化を待つようにしているとか。この方の場合、心療内科で弱めの強迫性障害と診断されて、薬を服用しているそうです。尿圧から逃れられることをお祈りいたします。

 飲食関係の野村亘さん(37歳)も、基本的に映画は途中でトイレに行くそうです。

「昔はギリギリまで粘ってクライマックスあたりで耐えきれなくなって行っていた。基本的に時間を拘束される場面では初めから緊張して、それが余計意識を高めてしまって結局行ってしまう。 最近は粘らず、序盤に行くようにしている」

 序盤に行っておけば、クライマックスシーンも余裕で迎えられます。

◆トイレ近い系男子はセンシティブ

 こうして見ると、トイレ近い系男子になるのは、「直前の水分補給」「過度の緊張」といった要因が多いようです。センシティブな日本人男子は、トイレに行きたくなったらどうしよう、と緊張することでさらに尿意を高めてしまっています。もしくは、映画に興奮して、膀胱まわりの血流が良くなって尿意促進、という原因も考えられます。

 人生の先輩である70代前後の、トイレ近い系を超えて、トイレ間に合わない系男子に話を聞いてみました。

「膀胱のところの筋肉がゆるんで尿もれするようになってしまいました。でも座禅を組んで丹田にキューッと力を入れていたら、締まってきたようです。あとは玄米食も効いたかな」

 とのことで、座禅や粗食といったストイックな生活が膀胱を鍛えてくれるようです。人はいずれ誰もがトイレが近くなる生老尿意……だと思えば、少しは気が楽になるかもしれません。

<TEXT/辛酸なめ子>

【辛酸なめ子 プロフィール】
東京都生まれ、埼玉育ち。漫画家、コラムニスト。著者は『辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」』(マキノ出版)、『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)など多数。