綾野剛「フランケンシュタインの恋」とジョニー・デップ「シザーハンズ」を比べてみた

写真拡大

 ネット上でも似ていると話題になったドラマ『フランケンシュタインの恋』と映画『シザーハンズ』。

 ドラマのプロデューサーも「『シザーハンズ』がやりたかった」と公言していたので、それに気づいた視聴者が多いのは大成功じゃないでしょうか。

 しかし、『シザーハンズ』って、1991年の公開時に観て以来なのですが、アラフォーとなりすっかり心も汚れてしまった今の私にも刺さるのでしょうか…。26年ぶりに改めて鑑賞しながら、“フラ恋”と比較してみたいと思います。

◆“怪物”がひとり淋しく住んでいる設定は同じ

 ドラマ“フラ恋”は、ヒロインの津軽継実(二階堂ふみ)が珍しいキノコを探している最中に、フランケンシュタイン深志研(綾野剛)に森の中で出会います。

 と言っても、彼女が酒に酔わされ連れ去られて襲われかけた時に助けてくれたのがフランケンシュタインだったのですが、森で1人で暮らすこの男に興味を持ち、町へ連れて行きます。彼女は大学で菌類の研究をしているので、きっかけは興味と研究対象という意識もあったでしょう。

 一方、『シザーハンズ』では、化粧品のセールスレディであるヒロインの母・ペグが、幽霊屋敷と呼ばれる山の上の古城に訪問販売に行き、1人で暮らす手がハサミの男・エドワードに出会います。親代わりである発明家のお爺さんがいなくなってから寂しかったんでしょう、彼はペグと一緒に街に行きます。

 両方の作品とも、“怪物”が人里から離れた場所でひとりぼっちで暮らしているという設定は共通していますね。

◆ヒロインは怪物のピュアな心に触れて心を通わしていく

 継実(二階堂ふみ)は、キノコに目がない理系女子です。最初こそは、「120歳」とか「自分は怪物だ」と言う深志研(綾野剛)をふざけていると思い、本当のことを知りたがっていました。
 しかし、彼のピュアで優しい部分に惹かれ、フランケンシュタインであろうが何だろうがどうだってよくなっていると思います。

『シザーハンズ』のヒロイン・キム(ウィノナ・ライダー)は、高校3年生で、チアリーダーをやっていて、イケてる金持ちでワルめの彼氏もいます。

 自分がキャンプに行っている間に連れてこられたエドワードに、最初はドン引きしますが、エドワードの彼女を喜ばせたいという気持ちにもやがて気づいていきます…。

 ヒロインのタイプは違いますが、2つの作品とも彼女がきっかけになって、怪物の純粋な心が見ている私達にも伝わるストーリーといえるのではないでしょうか。最近ヒットしている映画『美女と野獣』や、『ノートルダムの鐘』をはじめ、外見では分からない内面的な優しさが、だんだんと明らかになる話って、王道ですよね。

 とはいえ、“フラ恋”では、怪物が綾野剛というイケメンなので、最初から醜さとは無縁なわけなのですが…。

◆主人公は人間を傷つけてしまう悲しい異形の者

 深志研は、森で植物とともに生活していました。キノコが大好物で、自身の身体にも珍しい菌が作用しているようです。起きると寝床にキノコが生えています。自給自足できますね!
 ずっと独りぼっちで生きてきたので、人間については知りません。町へ来てからは、もっと人間について、津軽さん(二階堂ふみ)についてを、知りたくなり、少しずつ人間のことを学んでいきます。

 大好きな津軽さんを傷つけたりする者がいると、感情が爆発して身体から菌が発生します。非常に危険度が高い菌のようですが、これがために人を傷つけてしまうかもしれません。

 エドワードは、発明家の博士が作った人造人間です。手だけ未完成のまま博士は亡くなってしまいました。

 そこから広い屋敷に独りぼっちで暮らします。手がハサミなので、日常的なことは難しいですが、植木やヘアカットなどが得意です。その特技を活かし、町では人気者になります。