ポーランド発のファンタジー小説&ゲーム「The Witcher」が、NetflixでTVシリーズに

写真拡大

ポーランド発のファンタジー小説シリーズで、ビデオゲームとしても有名な「ウィッチャー(The Witcher)」が、NetflixでTVシリーズになることが決まった。米Hollywood Reporterなど複数メディアが報じた。

アンドレイ・サプコフスキ作の「ウィッチャー」サーガは、エルフ、ドワーフ、人間など異種族が入り乱れる大陸が舞台。どの勢力にも属さず、モンスターと戦うために厳しい訓練を積み、特殊能力を持つようになった「ウィッチャー」の一人、ゲラルトの活躍を描く。

20を超える言語に翻訳され、日本では翻訳小説「エルフの血脈(魔法剣士ゲラルト)」が早川書房から刊行された。また、ビデオゲームが3タイトル発売され、世界中で人気を集めている。本国ポーランドでは、2001年に『コンクエスタドール(The Hexer)』というタイトルですでに映画化され、TVシリーズにもなっている。

その新たなTVシリーズ化にあたっては、『The Witcher(原題)』というタイトルの英語の作品が作られる。原作者のサプコフスキはクリエイティブ・コンサルタントとして参加し、ショーン・ダニエルと、ジェイソン・F・ブラウン(『エクスパンス-巨獣めざめる-』)が製作総指揮を担当。ポーランドに拠点を置く制作会社/VFX工房のPlatige Imageも製作に加わる。

原作者のサプコフスキは、「30年以上にわたって書いてきた物語とテーマに忠実な映像化を、Netflixが行ってくれることを喜んでいます。キャラクターに命を与えるべく集まったチームと、一緒に仕事ができることにワクワクしています」とコメント。

また、製作総指揮のダニエルとブラウンは、「この作品は、危険な世界で真実のために戦う、型破りな家族の物語。キャラクターは独創的で楽しく、驚きに満ちています。Netflixで彼らに命を吹き込むのが待ちきれません」と述べている。(海外ドラマNAVI)