クリスランが今季通算ゴール数を6に伸ばした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ13節]仙台 2-1 新潟/5月28日(日)/ユアスタ

 仙台がブラジル人ストライカーの爆発で、開幕戦以来のホーム勝利を飾った。

 試合は立ち上がり、仙台が押し込みチャンスを作る。4分にはゴール前の混戦から石原がノーマークで決定的なシーンを迎えるが、シュートはうまくヒットせず枠をとらえ切れない。

 すると、その後はともにチャンスらしいチャンスを生み出せず前半を終了。

 後半先に試合を動かしたのはアウェーの新潟だった。山崎からの縦パスをチアゴ・ガリャルド、鈴木とつなぎ、最後は再びT・ガリャルドが押し込み均衡を破る。新潟が1点をリードする。

 リードされた仙台だが、ホームの声援をバックに反撃を開始。83分にはクリスランと西村の連係からクリスランがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。これをクリスランが豪快に決め、同点に追いつく。

 そして、同点からわずか1分後、再びクリスランが輝きを放つ。左サイドの永戸からの正確なクロスに反応したクリスランが左足で絶妙なトラップ。これをジャンピングボレーでゴールネットに突き刺した。

 ゲームはこのままタイムアップ。仙台が4試合ぶりの勝利を飾るとともに、開幕戦以来のホームでの白星を挙げた。一方、前節の札幌戦で呂比須新体制に替わった新潟は、2連勝はならず。依然17位と厳しい戦いを強いられている。