FC東京を率いる篠田監督。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 5月25日に発表された日本代表メンバーに、FC東京の選手はひとりも入っていなかった。これは、15年3月にハリルホジッチ政権が発足してから初めてのことだった。

 前回の3月にはGKの林、CBの森重、ボランチの郄萩が選ばれたが、今回はゼロ。とりわけ驚きだったのが、ハリルホジッチ監督の下で3月まで不動のレギュラーだった森重の落選だ。こうした状況を受けチームはショックを受けている可能性もあるが、篠田監督の反応は次のようなものだった。

「(精神的なダメージは)ないと思います。大丈夫だと思います。もちろん、選ばれたい気持ちは誰にでもある。試合でしっかりとしたパフォーマンスを見せれば、また選ばれると思います」

 ホームでの甲府戦、FC東京は代表選出ゼロのショックを払拭するようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。