【詳細】他の写真はこちら

5月27日、福岡護国神社にて『福岡音楽祭 ONKEI 2017』が行われた。同音楽祭は昨年、初開催され、公演スペシャルアドバイザーとして2年連続出演の葉加瀬太郎を始め、9組のアーティストが参加した。

オープニングの鳥山雄司から、5組めのピアニスト、マチェック・ヤナスまで、インストゥルメンタル/ボーカルと交互に各アーティストが登場するバランスの取れた構成で進行。ホスト役を務める葉加瀬太郎は鳥山雄司、羽毛田丈史を除いた各アーティストの舞台に客演しコンサートを盛り上げる。

「真っ黒崎しげるで〜す!」と顔黒ネタの自己紹介で登場した松崎しげる。本番前、両隣の楽屋の葉加瀬やLE VELVETSが練習している中、自身は日焼け活動に勤しんでいたことを告白すると、葉加瀬からは「企業努力!」とひやかされ場内は大爆笑。トークでは、終始お笑いで沸かせていた松崎だが、歌では大真面目。松崎自身が慕っていた尾崎紀世彦の「また逢う日まで」や、「愛のメモリー」といった昭和の名曲を歌い上げ、客席を酔わせた。

昨年デビュー50周年を迎えた森山良子は、デビュー曲「この広い野原いっぱい」でスタート。日が沈み、周囲が夕闇に包まれ出した頃、「皆さまと共に、ここ護国神社で平和を一心に願いながら、聴いていただきたいと思います」とアコースティックギターの弾き語りで「さとうきび畑」を歌うと、オーディエンスも一緒に大合唱する感動のひと幕もあった。

中島美嘉のステージでは、2曲目の「朧月夜〜祈り」から葉加が参加。同曲は中島と葉加瀬がコラボレーションしたシングル曲で、2004年9月にリリース。ふたりの共演は同年夏のツアー以来、13年ぶりとのことで、葉加瀬は「また、こうしてやれてうれしいです!」と話し、再会を喜んだ。

ラストの葉加瀬太郎は19時20分頃に登場。暗くなった広い会場にバイオリンの音色を響き渡せる熱演。「それでは。最後は騒いでいこうと思います!」と『情熱大陸』の

イントロが奏でられると福岡護国神社に集まった5,500人の観客も総立ちとなり、4時間超にも及んだ『福岡音楽祭 ONKEI 2017』を締めくくった。

出演アーティストおのおののステージに葉加瀬太郎が客演する野外ライブのスタイルは、毎年開かれている『情熱大陸ライブ』を彷彿とさせる。参加アーティストも、これまでに同イベントの出演したミュージシャンとも重なり、さながら福岡版・情熱大陸ライブを見ているかのようだった。

福岡で熱過ぎる盛り上がりとなったラストの「情熱大陸」。この勢いは、7月の大阪・万博記念公園、8月の東京・葛西臨海公園で行われる情熱大陸ライブでも見られそうだ。

福岡音楽祭 ONKEI 2017@福岡護国神社

<セットリスト>

01.鳥山雄司

The song of life/Smile at strangers/Let me go

02.LE VELVETS

O Sole Mio /WITH ONE WISH 〜ひとつの願い抱いて〜/Turandot -CLASSIC PASSION Style

03.羽毛田丈史

地球に乾杯/New Standard Palace

04.元ちとせ

ミヨリの森/ワダツミの木/君の名前を呼ぶ

05.マチェック・ヤナス(Piano)

WALKIN’ ON THE RAINBOW/KA-KA-DU/Aina

06.松崎しげる

見上げてご覧夜の星を/また逢う日まで/愛のメモリー

07.森山良子

この広い野原いっぱい/この道が教えてくれました/涙そうそう/さとうきび畑/聖者の行進

08.中島美嘉

ORION/朧月夜〜祈り/僕が死のうと思ったのは/雪の華

09.葉加瀬太郎

ひまわり/風の向こうに/Someday Somehow/瑞風/Loving Life/情熱大陸

福岡音楽祭 ONKEI 2017 OFFICIAL WEBSITE

http://rkb.jp/onkei/