【警告】清水=白崎(74分) 横浜=金井(31分)、飯倉(79分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】中澤佑二(横浜)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ13節]清水 1-3 横浜/5月27日(土)/アイスタ
 
【チーム採点・寸評】
清水 5.5
サッカーの内容が悪いわけではなく、シュート数も決定機の数でも上回ったが、決めきる力を欠き、守備でも細かいところで甘さが出た。
 
【清水|採点・寸評】
GK
13 六反勇治 5.5
3失点ともシュートは厳しかったが、その手前で守備の綻びを未然に防ぐという面では物足りない印象。
 
DF
5 鎌田翔雅 6(69分OUT)
動きが非常に良く、攻守ともに良い働きを見せて得点もお膳立てしたが、戦術的な理由で69分に交代。
 
44 フレイレ 5
チームに馴染んできたが、開始早々の決定機を外し、ややミスも目立った。失点シーンでも粘り強さを欠いた。
 
45 角田 誠 5.5
要所を抑える仕事を見せていたが、2失点目では対応が遅れた。守備のリーダーとしてリスクマネジメントも不満。
 
25 松原 后 5.5
攻撃参加が多く、サイドでの主導権を握れていたが、最後の詰めの部分でクロスもシュートも物足りなさが残る。
 
MF
7 六平光成 5.5(89分 OUT)
前にボールを運ぶ意識が高く、守備でも強さを見せたが、右SBになってからは効果的な仕事ができなかった。
 
20 竹内 涼 5.5
守備のバランスをとりながらボールを散らすという仕事はいつも通りだが、チャンスにつながるプレーは不足。
 
19 ミッチェル・デューク 5.5(79分OUT)
動きが良く、攻守にハードワークを続けた。クロスで惜しい場面も作ったが、もう少しプレーの精度は欲しい。
 
10 白崎凌兵 6
1失点目では対応が甘かったが、自らゴールを決めて帳消しに。2度ポジションを変えながらよく攻撃に絡んだが実らず。
FW
8 チアゴ・アウベス 5.5
動きが切れて、プレースキックの質も高かった。ただ、前半最後の決定機を決めきれず、4戦連続ゴールはならず。
 
9 鄭 大世 5.5
いつも通り攻守とも責任感のあるプレーを見せたが、1失点目ではやや反応が遅れ、攻撃でも中澤の牙城を崩せず。
 
交代出場
FW
23 北川航也 5.5(69分IN)
リードされた中で左MFとして入ったが、裏への飛び出しやドリブルで見せ場を作れず、チャンスに絡めなかった。
 
MF
14 野津田岳人 5(79分IN)
右MFとして投入され、最後はボランチに。攻撃で効果的な仕事はできず、3失点目では守備への戻りが遅れた。
 
MF
30 金子翔太 -(89分IN)
投入とともに攻撃的な3バックに変更。時間が短く、ボールを受ける回数も少ない中で持ち味は出せなかった。
 
監督
小林伸二 5
やろうとするサッカー自体が崩れたわけではないが、課題である守備の隙を改善できず、交代策も効果を発揮せず。
【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
前半は落ち着いてパスをつなぎながらポゼッションで上回り、2-1になった後は守勢に回ったが、持ち前の守り切る強さを発揮した。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6.5
前半は危ない場面があったが、落ち着いて対応。後半もビッグセーブを見せて勝利に貢献した。
 
DF
27 松原 健 6.5
サイドの攻防では押される時間が長く、攻撃参加は目立たなかったが、前半のワンチャンスを見事に生かした。
 
22 中澤佑二 7
記念の550試合目で、貫禄十分の冷静な対応を続け、最後の砦として素晴らしい働き。3点目の起点にもなった。
 
34 ミロシュ・デゲネク 6.5
クロス対応で強さを発揮してゴール前の壁になるだけでなく、前にも積極的にチャレンジして守備を安定させた。
 
13 金井貢史 5.5(89分 OUT)
全体的に守備に回る時間が長くなり、粘り強い対応を見せたが、攻撃ではあまり仕事ができなかった。