一部大宮サポと一触即発の渋谷監督、成績不振で解任「私の力不足」 後任に伊藤コーチ昇格

写真拡大

最下位に低迷する大宮が監督交代を決断

 J1の大宮アルディージャは28日、成績不振により渋谷洋樹監督と黒崎久志ヘッドコーチを解任したことを発表した。

 後任監督として伊藤彰コーチが昇格し、海本慶治コーチがヘッドコーチとなることが決まった。

 昨季クラブ史上最高の年間5位となった大宮は、今季さらなる躍進を目指してシーズンの開幕を迎えたが、まさかの6連敗を喫して低迷。第9節の浦和レッズ戦(1-0)で初勝利を挙げたものの悪い流れを断ち切れず、27日に行われた第13節の敵地柏レイソル戦にも2-4と敗れ、今季10敗目を喫していた。試合後にはゴール裏の一部サポーターと渋谷監督が口論となる一幕もあった。

 勝ち点7の最下位に沈む現状を受け、解任となったことについて、渋谷監督は「私の力不足で皆さまのご期待にこたえられず申し訳ございません」と謝罪。その上で「遠くアウェイでもホームのような雰囲気を作ってくださったりと、どんなときも我々を力強く後押ししてくださったことに対し、心より感謝申し上げます」とサポーターへの感謝の言葉を残している。

大宮社長が謝罪文「あらゆる手を尽くして…」

 また、クラブは同時に森正志社長の署名入りで「大宮アルディージャを支えてくださる皆さまへ」との声明文を発表。「今シーズンは開幕から勝点を積み上げられず、これまでチーム内でその要因をデータなども踏まえて多角的に分析し、改善のために様々な取り組みを行ってまいりました。しかしながら今回、現チーム体制では今後も結果を残すことが難しいと判断し、監督を交代して新たな体制とすることを決断いたしました」と、解任に至った経緯を説明している。

 そして「今後は伊藤彰新監督の下で結束し、クラブとしてあらゆる手を尽くして何としてもJ1残留を果たせるよう戦ってまいります」としている。第13節を終えた時点で、J1残留圏内となる15位北海道コンサドーレ札幌とは勝ち点5差。クラブOBでもある伊藤新監督の下で、熾烈な残留争いに挑むことになった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images