『CRISIS』第8話、新日本プロレス・後藤洋央紀&ドラゴンゲート・土井成樹出演へ

写真拡大

 関西テレビ・フジテレビ系にて、毎週火曜よる9時より放送中のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』。5月30日に放送される第8話について、ゲスト出演する新日本プロレス所属の後藤洋央紀とドラゴンゲート所属の土井成樹からコメントが寄せられた。

参考:『CRISIS』第7話が示すメッセージーー“公平と平等”訴える若者の矛盾とは

 同ドラマは、直木賞作家・金城一紀が原案・脚本を手がけ、小栗旬と西島秀俊がW主演を務めるアクションエンターテインメント。各分野のスペシャリスト5人が集結した公安機動捜査隊特捜班の活躍を描く。第8話では、カルト教団でスパイ活動を行う林智史(眞島秀和)が手に入れたテロの情報により、カルト教団に乗り込んだ特捜班5人が、150人近くいる出家信者を相手に7分30秒のノンストップバトルを繰り広げる模様を描く。

 ゲスト出演する後藤と土井が演じるのは、クライマックスで、稲見と田丸を待ち受けている屈強な信者ふたり。アクション技術と共に、後藤は得意技の「裏GTR」を小栗に、土井も得意技の「バカタレスライディングキック」を西島に繰り出す。後藤とのパワーバトルを振り返った小栗は、「翌朝起きたら、『俺、交通事故にあったのかな?』っていうくらいダメージが残っていました」とコメントしている。

■後藤洋央紀コメント・撮影を振り返っての感想一丸となって撮影に挑む俳優さんやスタッフに感動しました!自分ものびのびと闘う事ができました!

・プロレスラーとして小栗への感想身体能力の高さに驚かされました!・これまでの『CRISIS』のアクションについてまさに規格外、こんなドラマ見たことがない!

・メッセージリングとは違うシチュエーションで闘う自分をご覧ください!

■土井成樹コメント・撮影を振り返って感想西島さんやアクション部の皆さんとリハーサルさせていただき、「コレはヤバイな!?」と思いました(笑) 本番では緊張感もあり、西島さんも僕も完全に格闘モードでした。現場の雰囲気はものすごくアットホーム感があって、キャストの皆さんとも貴重なお話をさせていただきました。スタッフの皆さんのあたたかいサポートにも感謝しています。

・プロレスラーとして西島への感想西島さん……プロレスのセンス、めちゃくちゃあります!一度で良いので、ぜひドラゴンゲートのリングに立ってください!

・これまでの『CRISIS』のアクションについて毎回激しいアクションシーンに興奮しています。アクションの細かい部分まで目を通すようになり、プロレスに使えそうな技を研究しています(笑)

・メッセージ今回、プロレスの枠を飛び越えて演技とアクションに挑戦しました。この「CRISIS」では、プロレスラー・土井成樹とは違った一面をお見せできるかと思います。ご期待ください!

(リアルサウンド編集部)