南極と北極どう違う?

写真拡大

フジテレビの番組が「月は自転しない」と間違った説明を行い問題となりました。内容としては中学校の理科の天体で習うレベルです。理科基本的な知識には、意外と見落とされがちな要素もあります。そのひとつとして南極と北極の違いがあるでしょう。

南極のほうが寒い?

南極と北極はともに氷に覆われています。南極は大陸がありますが、北極は海面が寒さで凍ったものです。平均気温は冬の場合、南極はマイナス50度から60度になります。一方で北極はマイナス20度程度です。同じ極地でありながら気温に差があるのは、南極は大陸の上に氷が積もっており平均で2500メートルの標高があるためです。これだけの高さにあるならば、寒さが強くなるのは当然でしょう。

北極点と北磁極

さらに、北極と南極にはそれぞれ北極点と南極点が中心部にあります。これはまさに地球の頂点というべき場所でしょう。そこから少しずれた場所にコンパスが真下を指す場所があります。これが北磁極です。地球が傾きを持っているため、極点と磁極の間に違いが生ずるのです。磁極の場所は毎年わずかながら移動しているといわれています。南極にある南磁極も同様です。