一人で75人の命を救った衝撃の実話!大注目作品『ハクソー・リッジ』の見どころ

写真拡大

映画『ハクソー・リッジ』が6月24日より公開される。舞台は第2次世界大戦の激戦地、現在の沖縄県に属する難攻不落の崖、ハクソー・リッジ。その場所で命を救い続けた男の実話が、何年もの映像化交渉の末、メル・ギブソン監督により待望の映画化となった。

臨場感あふれるハクソー・リッジでの戦闘シーン
この映画の見所は、やはりハクソー・リッジでの臨場感あふれる戦闘シーンである。監督の希望によりCG撮影はほぼ行われず、爆発、燃え上がる火はすべて特殊効果スタッフにより本当に再現されている。高度に再現された銃撃戦や爆撃シーンにより、軍人達は無惨な死を遂げていく。生々しく、残酷なシーンが続くがそれが戦争である事を思い返される。本作に嘘は一切無いのである。

一人で75人救った男をアンドリュー・ガーフィールドが熱演
役によっての変貌する確かな演技力を持ち合わせる、今大注目の俳優アンドリュー・ガーフィールド。彼はこの映画で実在した衛生兵デスモンド・ドスを見事に演じている。アンドリューは本作のオファーされたあと、デスモンドを知るために、彼の故郷や生まれ育った町、隠居した家などを訪れ、役を作り上げた。ギブソン監督はアンドリューの演技を「揺るぎない信念というデスモンドとの共通点があり、彼を演じられる唯一の役者だ」と絶賛した。アンドリューは本作アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞にノミネートなされている。

徹底的なリサーチと再現
さらに本作では退役した軍人も出演している。両足を戦地で失う兵士役ラウルを演じたダミアン・トムソンは実際に本物の戦地で活躍していた元軍人である。負傷をして退役後、演技を学び、本作の出演となった。彼だけではなく、撮影現場に何人もの退役軍人が呼ばれキャスト、スタッフすべてが彼らの話を聞く時間が設けられた。さらに実際にトムソンを治療した衛生兵がアンドリューのコンサルタントとなっている。

戦後70年以上が立ち、ほとんどの人々が戦争をあまりしらない世の中になった。この映画は当時のハクソー・リッジでの戦い、当時のデスモンドの姿を見事に描き出されている。戦う事ではなく、命を救うために武器を持たず戦場を駆け回った彼の姿を是非劇場で刮目してほしい。

■『ハクソー・リッジ』
2017年6月24日(土)より日本公開
(c) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016