大マンチェスター警察が27日に公開したサルマン・アベディ容疑者の写真。撮影された状況を隠すため警察が背景を処理した上で公開したもの(2017年5月27日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英警察は27日、マンチェスター(Manchester)の自爆攻撃が起きた22日夜に防犯カメラが捉えていた、実行犯とされ事件現場で死亡したサルマン・アベディ(Salman Abedi)容疑者(22)の写真を公開した。

 警察は事件前数時間のアバディ容疑者の足取りも公開し、22日までの数日間の同容疑者の行動に関する情報提供を市民に求めた。

 写真と一緒に発表された声明で警察は、アバディ容疑者が最後に訪れた場所の一つは「市中心部のアパートで、彼はそこから(自爆攻撃があった)マンチェスター・アリーナ(Manchester Arena)へ向かった」としている。「われわれは、そのアパートで爆発物が最終的に組み立てられた可能性があるとみている」
【翻訳編集】AFPBB News