「FUNAI」のテレビがヤマダ電機専売で復活

写真拡大

AV機器製造の船井電機(大阪府大東市)は、4K液晶テレビ「6000シリーズ」(55V、49V型)を2017年6月2日に全国の「ヤマダ電機」で発売する。

ダブルチューナー内蔵からフルハイビジョンまで5モデル同時発売

自然にあふれる鮮やかな色彩を描ききる独自の高画質エンジンを搭載。広色域パネルと合わせ、コントラストや鮮やかさを強調しながら、色飽和を抑えた緻密な画質とリアルな色を実現した。

容量3TBの録画用HDD(ハード・ディスク・ドライブ)を内蔵。地上波/BS/110度CSチューナー×6基を搭載し、最大5チャンネル、2週間分の番組をまるごと録画可能。デジタルコンテンツ保護規格「SeeQVault(シーキューボルト)」対応で、録画番組を別の機器で視聴できるほか、将来の機器買い換えの際も安心だ。

専用アプリ「FUNAI Connect」をスマートフォン/タブレットにインストールすれば、録画した番組や放送の視聴、外出先からの録画予約が可能だ。「Netflix(ネットフリックス)」「YouTube」「U-NEXT」「アクトビラ4K」「ひかりTV 4K」などの動画配信サービスに対応する。

そのほか、地上波/BS/110度CSチューナー×2基、500GB HDD内蔵のスリムデザインモデル「5000シリーズ」(65V、55V、49V型)、プレートスタンドモデル「4100シリーズ」(55V、49V型)、128GBの録画用メモリーを内蔵「4000シリーズ」(43V型)、センタースタンドモデル「2000シリーズ」(40V、32V、24V型)も同時発売する。

いずれも価格はオープン。