沈滞ムードの日本を奮い立たせたこのビッグプレー。堂安の“1点目”が流れを変えた。写真:滝川敏之

写真拡大

 [U-20ワールドカップ・グループステージ3節]日本 2-2 イタリア/5月27日/天安(韓国)
 
 堂安律の鮮烈な2ゴールとともに世界に打電された、U-20日本代表の奮闘。一夜明け、世界各国のメディアはイタリア戦の「2-2ドロー」をどのように伝えたのだろうか。

【U-20W杯|日本2-2イタリア PHOTO】堂安2ゴール!日本は3位で決勝Tへ

 対戦相手のイタリアでは、母国のユース代表が無難に1ポイントを上積みし、決勝トーナメントに駒を進めたことを簡略に報じつつ、日本の粘りを称える記事が相次いだ。とりわけ堂安については、あの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が「本当にタレントに溢れた選手。後半の同点ゴールにそれが凝縮されていた」と褒めちぎった。
 
 さらに『Citta Corriere』の電子版は「イタリアが2次ラウンドへ。日本とビスケットを分け合う」と銘打ち、「序盤の日本は自滅に近い状態で2点を献上。だが22分の堂安のゴールで持ち直し、さらに50分には同点に追いついた」と報道。気に入らなかったのはイタリアの1失点目のようで、「怠慢にすぎるディフェンスだった。クロスボールへの対応が拙く、いとも簡単に相手(堂安)にゴールネットをプレゼントした」と付け加えた。
 
 ドイツの『Kicker』誌は「日本が見事にカムバック。堂安に感謝しなければならない」とし、ドロー決着は「妥当な結果」と評した。スポーツ専門チャンネルの『Euro Sports』は堂安の2点目を切り取り、「イタリアの堅固な守備陣をものの見事に欺いた」と、ファインゴールを称えている。
 
 南米を中心に人気を博すウェブサイト『infobae』は、「終わってみれば後味の悪いゲームだった」と断じた。
 
 イタリアが早々に2点を奪い、その後に日本がゲームを支配して堂安の2ゴールで同点に追いついた展開をエキサイティングとしつつも、85分以降のあからさまなスローダウンに苦言。「いくら引き分けでOKとはいえ、あまりにも露骨で不愉快。イタリアがゆっくりと自陣深くでボールを回し、日本はまるでプレッシャーを掛けない。最後は堂安が傷んでもいないのにグラウンドに倒れ込んだ。観衆のブーイングも当然」と記した。