嵐 二宮和也、アイスホッケー藤本那菜の年俸に興味津々「お金の話をあとで振り返って飲むのが好き」

写真拡大

 5月27日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)には、ゲストとして又吉直樹が登場した。

(関連:嵐が後輩たちに与えた影響は? キスマイ 藤ヶ谷、KAT-TUN 亀梨が語ったJr.時代のエピソード

 又吉が嵐に教える授業は「本を読まない人のための文学講座」。「絶対にハズさない本の選び方」として、又吉は嵐のメンバーに本を買う際の基準を聞いた。松本潤は「内容」と一言、櫻井翔は「新聞に載っている書評で引っかかる時がありますね」とコメントした。しかし、話題に乗ってくるのは、松本、櫻井の2人のみ。ボーっと又吉の話を聞く大野智に気づいた二宮和也が思わず笑い出すと、又吉が耐えきれず「分かりました! 今からフルーツバスケットに切り替えましょう」と提案し、スタジオに笑いが起きた。

 話題は全国の書店員による投票で選ぶ賞「本屋大賞」へ。これまで10年間の大賞作品がモニターに紹介されると、2011年に『謎解きはディナーのあとで』が受賞していることに櫻井が気づく。櫻井は得意げに椅子から立ち上がり、「こんばんは。皆さんご存知ですか? (20)11年、『謎解きはディナーのあとで』わたくし櫻井主演させて頂いております」とアピールした。「文学を楽しむ比喩表現講座」では、村上春樹の小説をもとにどんな表現が入っているのかを、メンバーが予想。『スプートニクの恋人』での文章を櫻井は、「わたしは今、ローマの路地の奥にある屋外カフェで、“松本潤”みたいに濃いエスプレッソ・コーヒーをすすりながらこの手紙を書いている」と答えると、松本がカメラ目線に。実際の答えは、“悪魔の汗”と発表されると、松本が困惑しながら「私(がまるで)悪魔みたいになっちゃうから……」と述べた。

 巷で噂の気になる人物だけが入店できる秘密のバー「隠れ家ARASHI」には、アイスホッケー女子日本代表“スマイルジャパン”が来店。スマイルジャパンの守護神と呼ばれる、藤本那菜は美しすぎるホッケー選手として注目されるだけでなく、2015年に日本人としては初の世界選手権でベストゴールキーパーを受賞。世界最高峰のプロリーグ、NWHKで日本人初デビューを果たし、グッズの売り上げもチームナンバー1というスター選手だ。バーの店主である二宮が、「じゃあ(年俸)スゴイね。どのくらい?」と藤本に尋ねると、彼女は「お金の話、お好きですか?」と笑みを浮かべながら返答。すると、二宮は「俺ね、お金の話をあとで振り返って飲むのが好き」と明かし、笑いを誘った。ちなみに、藤本の年俸は200万円程度だが、リーグの中ではトップ10に入るそうだ。

 次回、6月3日の放送では「嵐 VS 尾野真千子・向井理」「隠れ家ARASHI」「二宮和也の小っちゃな野望」を放送予定だ。(向原康太)