27日、韓国・聯合ニュースによると、米海軍が原子力空母ニミッツを西太平洋に派遣することが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は朝鮮半島。

写真拡大

2017年5月27日、韓国・聯合ニュースによると、米海軍が原子力空母ニミッツを西太平洋に派遣することが分かった。

アジア西太平洋地域に派遣される原子力空母はカールビンソン、ロナルドレーガンに続くもので、同地域に空母3隻が同時に展開するのは異例。大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を繰り返す北朝鮮をけん制する意図があるとみられている。

米国国防情報局(DIA)局長のビンセント・スチュワート海兵隊中将は「金正恩(キム・ジョンウン)の現在の動きを放置すれば、金正恩政権は最終的に米国本土を脅かす能力を有する核弾頭搭載ミサイルの現実化に成功するだろう」と述べている。

日本メディアによると、ニミッツは来月1日、母港のワシントン州キトサップ海軍基地を出航、当初中東地域に派遣される予定だったが、世界情勢の変化に対応するため、約6カ月間の予定で西太平洋に展開するという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは緊張のエスカレートに対する懸念の声が聞かれたほか、「空母3隻を展開しても、金正恩は言う事を聞かないだろう」「結局、最終的には北朝鮮を核保有国として認めざるを得ない」「北の核兵器が、アメリカの武力攻撃をけん制しているなら、米国の核の傘は破れ傘とみるべき」など、さらなる空母派遣の効果に懐疑的な意見も寄せられた。(翻訳・編集/三田)