おぐらりゅうじ(左)=1980年生まれ。編集者。速水健朗(右)=1973年生まれ。ライター。 ©杉山秀樹/文藝春秋

ヒカキンの長時間労働にブラック企業を思う

おぐら 5月10日、厚生労働省が長時間労働や不払いなどで書類送検された企業、いわゆる「ブラック企業」の一覧を公式サイトで発表しました。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf

速水 きっかけになったのは、電通社員の過労自殺だよね。電通に労働局の抜き打ち調査が入った絵面もショッキングだった。次に狙われるのはテレビ局だろうってまことしやかに言われていたし、同じく長時間労働が当たり前の出版業界もビクビクしてた。

おぐら エイベックスも勧告を受けましたけど、松浦(勝人)社長は「好きで働いていても法律で決められた時間しか働けなくなる」って、ブログで反論してました。
https://ameblo.jp/maxmatsuura/entry-12230798500.html

速水 その言い分もわかるけどね。

おぐら とはいえ、経営者側の「好きで働いている」「自分のため」「夢の実現のため」といった理屈こそが、ブラック企業となる根本的な原因のひとつでもあるので、逆説的に説得力がありますね。それこそ「好きなことで、生きていく」のキャッチコピーを体現しているユーチューバーのヒカキンが、自ら「ヒカキン密着24時〜YouTuberの裏側〜」という動画を配信して、あまりの重労働かつ長時間労働が話題になってました。

速水 寝ないで動画を編集して、ブラックコーヒーを飲みまくってた。ユーチューバーってあんなに大変なのかって、視聴者が絶句してたね。

おぐら そんなハードワーカーのイメージが影響したのか、いまヒカキンはリポビタンDのCMに出ています。CMの中で、サッカーのカズに「夢は何ですか?」と聞かれて「世界中の人たちを笑顔にすることです」って答えてましたけど、いや、その前に自分の生活ちゃんとしろよ!っていう。
https://www.youtube.com/watch?v=MzGZC39nI5Q

速水 バブルの時代には、サラリーマンが企業戦士だなんて言われて、「24時間戦えますか」というキャッチコピーの栄養ドリンクのCMをやっていたけど。

おぐら 現代から見れば、単なるブラック企業ですけどね。

速水 でも、当時の若いサラリーマンたちは、ヤンエグなんて呼ばれて経済大国日本の躍進の立役者として誇りも持っていたと思うけど。

おぐら お金ももらっていたわけですよね。いまは、若い人たちは誇りもお金もあんまり持ってないですよ。

速水 誇りもお金もあるから働けるっていうのは、まさにユーチューバーの方か。企業戦士ではなく、いまやユーチューバーが労働者の象徴ってことだね。

「才能と能力」から「効率とコスト」に時代をシフトさせた「働き方改革」

おぐら 企業戦士といえば、つい先日、飲みの席でベテラン雑誌編集者が「あのライターは締め切りには遅れるけど、原稿の出来は抜群だろ」って言ったら、20代の社員編集者が「原稿がつまんなくても、僕は締め切りを守る人に発注します」って断言してました。終電を逃して、夜中まで原稿を待つなんていう働き方はもう古いんですよ。

速水 ぐぬぬ。労働者保護という視点で見ると原稿の遅いライターって相当に悪質な存在になるのか。

おぐら もう徹夜したり、休日を返上してまで働く気ないんですよ。そういう意味では、政府の提唱する「働き方改革」って、少なくとも意識改革という点では成功してるんだなぁって思いました。

速水 本当に、原稿の中身がつまんなくてもいいの?

おぐら だって、そもそも締め切りを守らないほうが悪いんじゃないですか。締め切り通りに原稿を上げてくれれば、そりゃあおもしろいほうがいいですよ。

速水 正論だ(笑)。まあ、時代はそういうムードだよね。


これも働き方改革? プレミアムフライデーに名物の「黒おでん」を食べ、消費喚起を促す加藤勝信働き方改革担当相(右から2人目)=3月31日、静岡市 ©時事通信社

おぐら かつては才能や能力のほうにプライオリティがありましたけど、いまは効率とコストが優先でしょう。たとえば雑誌の場合だと、昔は世の中に絶大な影響力があって、作り手にもプライドが生まれて、いろいろな見返りもありましたけど、いま死ぬ気で雑誌を作ったところで、たいして売れないし、話題にもならない。

速水 身もふたもない。

おぐら 続けていいですか? さらに給料は安いし、経費は使えないし。だったら、つまんない原稿だとしても、より早く仕事を片付けるほうに正しさを感じてもしょうがない気がします。

『やすらぎの郷』を見ているとホワイトな職場を想起する

速水 なるほどね。それって『やすらぎの郷』が提起している問題なのかもしれない。

おぐら どういうことですか?

速水 ほかのドラマと比べて『やすらぎの郷』が異様に見えるのって、台詞を微妙にとちっても、そのまま放映してしまっているから。全体にゆるいというか。

おぐら 高齢の役者の体調に気を遣って撮影時間自体を短くしているらしいです。つまりホワイトな現場ってことですよね。


『やすらぎの郷』制作発表記者会見に出席した(前列左から)有馬稲子、八千草薫、倉本聰氏、石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ、五月みどり、(後列左から)松岡茉優、草刈民代、常盤貴子、風吹ジュン、藤竜也、ミッキー・カーチス、山本圭、名高達男。 ©時事通信社

速水 まあ、あと演者が大御所だから演出家がNGを出しづらいとかもあるかもしれないけど(笑)。でもゆるいからダメってことではない。むしろ、日本のドラマってかつてはこのくらいのゆるさで作られていたんだよってことだよね。細部を突き詰めれば良いドラマかっていうと、それはまた別でしょ。

おぐら 『やすらぎの郷』に速水さんはまってますもんね。

速水 うん。『カルテット』みたいな伏線とか細部まできっちりつくっていて、ネットでの深読み合戦を誘発するようなドラマもいいけど、『やすらぎの郷』くらいの抜け感があるものがあってもいいんだよ。

おぐら ホワイトな職場でもいいものはつくれるんだっていうことですか。

速水 会社経営でもコンテンツの制作でも、同じ事やってても経費ってなぜかどんどん増えていくんだよね。これは理屈では説明できないんだけど。

完成度をどんどん高めてしまう日本の「大企業病」

おぐら 求められる完成度がどんどん高くなってしまうってことですかね? ドラマでいえば視聴者、ほかの商品やサービスでいえばユーザーなど、受け手の目は肥えていくでしょうから。

速水 それもあるだろうけど、日本人の生真面目さみたいなものがそうしてしまうのかも。

おぐら ギャルと新聞の話をしたときに「ってか、毎日毎日よくこんな書くことあるね」と言っていて、それ本質だなって思ったんですよ。「せめて裏表1枚の紙でよくね」って。


©杉山秀樹/文藝春秋

速水 まさにそれだ! テレビのワイドショーとか見ていても、明らかに伝えることがない日ってあるよね。でも放送をやめるわけにはいかないから、埋めるためにダラダラ同じことずっとやってるだけで。

おぐら 無駄なページとかもたくさんあるじゃないですか。雑誌もそうですけど。

速水 まあね。でも、新聞で一度増やしたページ数を減らすって、もうそれこそ構造的に難しいんだと思う。人員も増やしているわけだし、価格も下げなければいけないわけだし。

おぐら 読者だって、簡単に賛成とは言わないでしょうし。

速水 一度決めたことは、なかなか戻せないし、ひっくり返らないんだよね。特に会社って大きくなってしまうと、いちいちルールを変えるだけでも一苦労というか。

おぐら 大企業病。


©杉山秀樹/文藝春秋

「何かをやめるのすら一苦労」がブラックの温床

速水 知り合いの会社は、社内でメールする場合に相手の役職を入れるのをやめるというルールを決めたんだって。代わりに、役職のアルファベットの省略形を名前のあとに付けるようにしたんだけど、今度はその省略形を決めたものをガイドブックにして配ったりして、手間が増えた。

おぐら 社内には一生メールしたくなくなりますね。

速水 何かをやめるのすら一苦労。そんなこんなの積み重ねが、日本のブラックな労働環境を生み出している気がする。って、本来話さないといけないはずの、フランスと韓国の大統領選について、なにも話してないや。このまま次回分も収録しちゃおうか?

おぐら いや、そろそろ19時なので担当編集が時間外勤務になるのでやめましょう。原稿料から残業代を引いてもいいなら続けますけど、どうします?

速水 うん、やめよう。

おぐら ですね。良いコンテンツを作るよりも、残業しないことのほうが大切ですから。

はやみずけんろう/1973年生まれ。ライター。TOKYO FM『速水健朗のクロノス・フライデー』(毎週金曜日朝6:00〜9:00)、同局『TIME LINE』(第1・3・5火曜日19:00〜19:54)、フジテレビ・ホウドウキョク『あしたのコンパス』、日本テレビ『シューイチ』などに出演中。近著に『東京β』(筑摩書房)、『東京どこに住む? 住所格差と人生格差』(朝日新書)などがある。

おぐらりゅうじ/1980年生まれ。埼玉県出身。フリーの編集者として雑誌『テレビブロス』ほか、書籍や演劇・映画のパンフレット等を手がけている。企画監修を務めた、テレビ東京の番組『ゴッドタン』の放送10周年記念本『「ゴッドタン」完全読本』が発売中。