©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

5月28日(日)に放送される反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に、かつてTVゲームの達人として名を馳せた高橋名人が「ゲームが超下手なくせに『名人』を名乗っちゃった先生」として登場し、30年間隠し続けてきた衝撃の事実を初告白する。

©テレビ朝日

1985年から87年までの3年間、TVゲームの名人としてカリスマ的人気を誇った高橋名人。 彼は、1秒間に16回ボタンを押す“16連射”で知られ、ゲームイベントは連日超満員、映画の主演デビューまで果たした人物だ。

ブームが去って30年となる今年、高橋名人はこの節目の年に30年間隠し続けてきた真実を語り、けじめをつけるために『しくじり先生』の教壇に立つ決意をしたと話す。

そんな高橋名人が長年隠してきた衝撃のしくじりとは…?!

さらにこの日の放送では、GENKINGが「見栄を張ってローン地獄になっちゃった先生」として登場し、「見栄を張りGENKIN(現金)なくしてローン地獄にならないための授業」を行う。