マツダのハッチバック「アクセラスポーツ」とクロスオーバー「CX-3」、どちらを選ぶ!?

【ギャラリー】2016 Mazda CX-3: First Drive35


話題性で言えば、北朝鮮や世界の飢餓、中東和平には及ばないが、コンパクトハッチとクロスオーバーのどちらを選ぶべきかという論争は、依然として米国版Autoblog編集部の廊下で響き渡っている。そしておそらく、そういった論争は、マツダの「アクセラスポーツ」と「CX-3」が展示されているショールームでも巻き起こっていることだろう。販売店では2つのモデルを見比べるだけでなく、価格表も並べて検討する楽しみ(あるいは人によっては悩み?)がある。

【ギャラリー】2014 Mazda3: Revieiw Photos44


5ドア・ハッチバックのアクセラスポーツは、初代が2003年秋に世界市場に投入されたので、2台の中では熟成が進んだモデルと言える。常識的なサイズの車体を、有機的で高級感のあるボディで包んだアクセラの特に5ドア・モデルは、当時まだ目新しさの残るセグメントで、より上級なライバルと渡り合った。2013年にデザインが刷新された3代目が登場。他の最新世代モデルと同様に、マツダのデザイン・テーマ「魂動」と、スカイアクティブ・プラットフォームが採用され、米国市場では2.5リッター直列4気筒エンジンと、豪華ではないけれど快適なインテリアを備えている。



アクセラスポーツはクロスオーバーのような高い着座位置ではないが、最低地上高はコンパクト・クロスオーバーのCX-3と実質的にほとんど変わらない(アクセラスポーツが155mm、CX-3は160mm)。車内の広さもほぼ同等だが、その設え方は異なる。アクセラのインテリアが前後方向に細長いのに対し、CX-3はより上下方向に直立している。


【ギャラリー】mazda CX-378


マツダのCX-3はより比較的新しいモデルで、2年前に発表された「デミオ」のプラットフォームをベースに開発された。マツダのクロスオーバー車ラインアップの中では、「CX-9」と「CX-5」の下に位置する。小型で、ホイールベースは2,570mm、全長は4,275mmしかない。アクセラスポーツより全長が185mm、ホイールベースは130mm短い。だから車内も前後方向に短いため、大きな荷物を運ぶのは困難だ。例えば自転車を積もうと思ったら、前輪を外さなければ入らないだろう。



街中では、コンパクトで目線が高く先まで見渡せるCX-3の方が、全長が長くて低く座るアクセラよりも好ましいと思った。しかし、どちらも6速AT同士で比較すれば、アクセラの米国仕様である「マツダ3」に搭載される2.5リッター直列4気筒エンジンの方が、パフォーマンスは圧倒的だ。この仕様のハッチバックに、マツダの「ZOOM ZOOM」という宣伝文句は誇張がない。これに対し、米国では2.0リッターのガソリン・エンジンしか選べないCX-3の方は、ありふれた4気筒でしかない。

アクセラスポーツ(マツダ3)は本当にレスポンスが良く、特に6速マニュアル・トランスミッションを選べば、2.5リッター・エンジンに限らず、より安価な2.0リッター・エンジンでも、力強く加速する。一方、CX-3は3種類のトリム全てにおいて、米国では6速ATしか設定がなく、それに組み合わされるエンジンは最高出力146hpと、アクセラの2.5リッターに比べると38hpも劣る。



米国マツダのオンライン・コンフィギュレーションで、マツダ3とCX-3の最上級グレード「グランドツーリング」トリム同士を比べてみると、価格はCX-3の前輪駆動が27,000ドル(約300万円)、マツダ3の2.5リッターが2万8,500ドル(約317万円)と、それほど差がない。もし、日常的にボストンのダウンタウンに駐車しなければならないのなら、よりコンパクトなCX-3を選ぶだろう。しかし、ボストン周辺をドライブするのであれば、マツダ3の強力なパフォーマンスを楽しみたい。

もちろん、理想はマツダの製品企画担当者が、同社の最小クロスオーバーにもっと大きなエンジンを積んでくれることだ。しかしエンジン・ルームの都合上、それが無理であるなら、せめてもっと走りがズームになるように要望したい。

By David Boldt
翻訳:日本映像翻訳アカデミー