出典:https://www.shutterstock.com

結婚するために努力を重ねてきたのに、なかなかできない……という時、最後に頼るのは神頼み……ではなく“風水”の方が理にかなっていると言えます。風水は古来より環境学として生活の中に取り入れられてきました。風水ラッキーアイテムに関しても、それぞれに意味があるのです。

そこで今回は、あなたの結婚運を高めるラッキーアイテムについてご紹介します。

 

■1:パール・貝殻…運命の人を引き寄せる

結婚運を高めるアイテムとして、まず外せないのが「貝殻」にまつわるアイテム。貝は古くから、男女の和合の象徴として扱われてきました。貝殻の多くは二枚の貝がピッタリと合わさってできています。他の貝同士を合わせても、決してピタリとはまることはありません。そのため、ただ一人の運命の人との巡り合わせをもたらしてくれるとされるのです。そのため、その貝から作られた「パール」も、愛の象徴として重宝されるのでしょう。

 

■2:花弁が多い花…結婚に至る出会いをもたらす

結婚する際には、対象となる相手が必要ですよね。そして、そのための出会いも大切だと言えます。そんな結婚に至る出会いをもたらしてくれるのが「多弁花」。例えば、バラやガーベラなどがそれに当たります。多弁花は花びらの枚数が多い花のことを指し、風水的にはその花びらが風に舞って、出会いを運んでくれると言われています。そのため、結婚のための出会いが欲しいあなたには、欠かせないラッキーアイテムなのです。

 

■3:磨かれた鏡…結婚への魅力を高める

結婚する上で、相手を引き寄せるためにも、自分に自信を持つためにも必要なものがあります。それは「魅力」でしょう。魅力は日々の生き方やおしゃれ、身だしなみの蓄積からにじみ出てくるもの。そんな自分の有り様を映し出すためには、「鏡」が必須だと言えます。古くから鏡には魔力が宿っているとされ、女性の美を高めるアイテムだとされてきました。もちろん曇っていては意味がありません。家中の鏡を綺麗に磨き上げるようにしましょう。

 

■4:ゴールドのピンキーリング…結婚相手とのご縁を結んでくれる

いざ結婚の対象となる相手が見つかれば、今度は自分と相手とのご縁を結ぶことが必要になります。そこでオススメしたいのが「ゴールドのリング」。シルバーと異なり、ゴールドは身につける人の温かみを相手に伝える視覚的作用があります。そして、ピンキーリングは、左手に付ける場合はチャンスを掴むという意味が、右手の場合は自分をアピールするという意味合いがあります。今の自分に必要なのはどちらかを考えた上で、身につけるのが効果的でしょう。

 

巷でよく“ラッキーアイテム”という言葉を耳にしますよね。どうしてこれがラッキーなんだろうと疑問に思う人も少なくないはず。しかし風水の場合、よくよく調べると人間の感覚(五感)に訴えかけて、運を掴む行動に向かわせるものであることが多いと言えます。そんな昔の人の知恵や英知が詰まったラッキーアイテム、意外とバカにできないかもしれません。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ Photobirdua/shutterstock

【関連記事】

※ 第一印象でフィーリングが合う相性【生年月日占い】

※ あなたの結婚時期はいつごろ?【生年月日占い】

※ 気になる彼との相性がわかる【生年月日占い】

※ あなたの出会い運は?【生年月日占い】

※ 気になる彼との恋の行方は?【生年月日占い】