急に興奮気味になったと思ったら、今度は急に気分が落ち込んできた、なんて状態に心当たりはありませんか? 時々そんなこともある程度なら問題ありませんが、頻繁に起こっているという方は、もしかすると「双極性障害」を発症しているかもしれません。家庭や仕事に重大な支障をきたすこともある精神疾患のひとつ、双極性障害について紹介したいと思います。

うつ状態と躁状態を繰り返す精神疾患「双極性障害」

急に気持ちが高揚して落ち着きがなくなることを躁状態と言います。そして急に気分が落ち込み覇気や気力がなくなることが、みなさんご存知のとおりうつ状態と言われています。この興奮を招く躁状態と落ち込みを招くうつ状態を両極端に繰り返すことが、「双極性障害」といわれています。

興奮や気分の落ち込みに歯止めが利かなくなる

躁状態は理想に歯止めが利かなくなるため、誰彼構わず話しかけるようになったり、睡眠をとらないようになったり、お金遣いが荒くなったり、急に激高するようになったりします。そしてうつ状態は気力も覇気もそがれるため、何にも関心を得なくなったり、眠れなくなったり、寝すぎるようになったり、身体を動かす気力さえわかなくなったりします。このように両極端ではありますが、どちらも家庭や仕事、日常生活に重大な支障をきたしかねない症状となっているので、双極性障害は重大な精神疾患のひとつとされているわけです。

こんなあなたは双極性障害である可能性が

双極性障害を発症している方の中では、次のような症状が多数確認されています。異常な爽快感、高揚感、自尊心の肥大、感情の高ぶり、自信過剰、楽観的、注意散漫、妄想、饒舌、傲慢、攻撃性、食欲亢進、性欲亢進、飲酒量の増加、不眠など。あとは異常な無気力、不快感、抑うつ感、焦燥感など。これらは躁状態とうつ状態にある方に多い症状であると共に、双極性障害である方にも多い症状として知られています。

双極性障害の原因は解明されていない

双極性障害を引き起こす要因としては、脳や遺伝子にまつわる何かと考えられているようですが、具体的かつはっきりとした原因はいまだ解明されていないのが現状です。原因ははっきりしていないとはいえ、投薬治療などの適切な治療を受けることで寛解には至ることができます。もし自分や身近な人が双極性障害となっているかもしれないと思った方は、すぐにでも精神科、心療内科を受診することをおすすめします。


writer:サプリ編集部