【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「新型の反航空(地対空)迎撃誘導兵器体系」の試射を視察したと報じた。
 今回の試射は昨年に実戦配備された地対空迎撃ミサイルの性能改善を確認するために行われたとみられる。北朝鮮は昨年4月に金委員長が立ち会う中で、新しく開発した対空誘導ロケット砲の発射実験を初めて実施している。
 金委員長は昨年の実験で確認された一部の欠陥も完璧に改善され命中率も高まったとし、「合格」と評価したという。
 視察には黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長、李永吉(リ・ヨンギル)総参謀部第1副総参謀長兼作戦総局長、呉琴鉄(オ・グムチョル)軍副総参謀長らが同行した。
csi@yna.co.kr