Photo by cinemacafe.net

写真拡大

向井理が自ら企画し映像化が実現した、実の祖母の半生記『いつまた、君と〜何日君再来〜』。このほど、向井さんの祖母役を演じた尾野真千子と、自ら祖父役を演じた向井さんの撮影現場の和やかな雰囲気が伝わってくるメイキング写真がシネマカフェにて解禁となった。
芦村朋子は、不慣れな手つきでパソコンにむかい、亡くなった夫・吾郎との思い出を手記として記録していた。だが、朋子は突然倒れてしまう。そんな朋子の代わりに、孫の理が手記をまとめていくことに。そこに綴られていたのは、いままで知ることのなかった、戦中・戦後の困難な時代を生きてきた祖父・吾郎と祖母・朋子の波乱の歴史と、深い絆で結ばれた夫婦と家族の愛の物語だった――。

向井さんの祖母・芦村朋子さんの半生記を原作にして映画化した本作。原作は、向井さんが大学生のときに祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)を迎えた祖母にお祝いとしてプレゼントしたもの。衣食住もままならない戦後の混乱期、吾郎と朋子という夫婦が、時代の波に翻弄されながらも、日本人としての誇りを失わずに懸命に生きる姿を鮮やかに映し出している。

本作で夫婦役を演じた尾野さんと向井さんといえば、向井さんの主演ドラマ「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」(’12/TBS)以来、2度目の共演となるが、今回はまた違った印象をお互いに受けたという。

「『サマーレスキュー』では初共演だったこともあり、ドキドキばかりでした。今回はちゃんと私が朋子でいられる、なんだか背中の大きな人だなと感じました」と尾野さん。対する向井さんも、「以前の共演したときは、“力強い女性”というイメージで、僕の祖母は全く逆のタイプなのでどうなるか楽しみでした。今回の尾野さんは、以前の尾野さんの顔では全くなかったです。3人の子のお母さんの生活感が見える。それを自然にできる人ってなかなかいないです!」と語り、共に賛辞を贈っている。

今回解禁となるメイキング写真は、無事クランクアップを迎え、2人がお互いを称えるように抱擁を交わしたり、共に笑い合ったりと、いずれも撮影現場の温かい空気が伝わってくるものばかり。2度目の共演、しかも夫婦役での共演で、その絆はいっそう深まった様子だ。

『いつまた、君と 〜何日君再来〜』は6月24日(土)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
いつまた、君と 〜何日君再来(ホーリージュンザイライ)〜 2017年6月24日より全国にて公開
(C) 2017「いつまた、君と 〜何日君再来〜」製作委員会

■関連記事:
向井理、祖母の半生を映画化し「感慨深い」としみじみ
尾野真千子&向井理、仲睦まじい夫婦ショット到着! 『いつまた、君と』
高畑充希、向井理の渾身作『いつまた、君と』主題歌を担当「心に残る歌声」
向井理×斎藤工「アキラとあきら」豪華俳優ズラリ場面写真一挙公開
尾野真千子&村上虹郎ら、山田涼介×東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で競演