英マンチェスター南部のモスサイドで、警察が捜索を行っている建物の入り口付近に立つ警察官ら(2017年5月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】英マンチェスター(Manchester)で22日にコンサート会場で起きた自爆事件で、同国の警察当局は27日、さらに2人の容疑者を逮捕したことを明らかにした。この事件の英国内での逮捕者は11人となった。またテリーザ・メイ(Theresa May)英首相は、同国のテロ警戒および対テロ捜査のレベルを最高レベルから1段階引き下げると発表した。

 警察は27日早朝、制御爆破を使用してマンチェスター北部で家宅捜索を行い、男2人(20歳と22歳)を逮捕した。また同日は同市南部のモスサイド(Moss Side)でも爆発物処理班が出動する捜索が行われた。

 27日の逮捕により、米歌手アリアナ・グランデ(Ariana Grande)さんのコンサート会場で発生して22人が死亡、116人が負傷した自爆事件に関連し英国内で逮捕されたのは11人となった。

 この他にリビアの警察は、実行犯とされるサルマン・アベディ(Salman Abedi)容疑者(22)の父親と弟を拘束している。この事件ではイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出している。

 英警察は27日、マンチェスターのモスサイドで家宅捜索したと発表。現場の取材を行ったAFP記者によると、警察の爆発物処理班の車両が出動しており、付近の住民は避難した。

 英警察の対テロ部門を統括するマーク・ロウリー(Mark Rowley)氏は26日に、警察が今回の自爆事件に関連する「ネットワークの大部分」を逮捕したと述べていた。事件で死亡した人には18歳未満の子ども7人も含まれている。

■メイ首相「今後も警戒を続ける」

 メイ首相は27日、マンチェスターの自爆事件を受けて最高度の「危機的」に引き上げられていた同国のテロ警戒レベルが、1つ下の「深刻」に引き下げられたと述べた。メイ首相は声明で「(自爆事件で)現在11人の容疑者が拘束されている」「捜査に進展が見えたことにより、統合テロリズム分析センター(Joint Terrorism Analysis Centre)は今朝、テロ警戒レベルを危機的から深刻に下げることを決定した」と公表した。

 その上でメイ首相は「『深刻』という警戒レベルの意味を明確にしておきたい。これは攻撃が今後も発生する可能性が高いということだ。わが国は今後も警戒を続けていく」と指摘した。
【翻訳編集】AFPBB News