「結婚相談所サンマリエ」では、真剣に婚活している男女を対象に「結婚と婚活に関するアンケート2017」を実施しています。婚活中の男女によるリアルな本音は、現在まさに婚活中の人はもちろん、これから婚活を始めたいと思っている人は必読!婚活事情はもちろん、男女の意外な価値観の違い分かる結果となっています。

男性は女性よりも婚活費用をしっかりかける

まず紹介したいのが婚活にかかる「費用」の意識調査です。結婚相談所の月会費、マッチングアプリの登録料、婚活イベント参加費など、婚活という具体的な行動をおこすからには、お金はある程度かかるもの。こちらでは男性と女性で「妥当な婚活費用」を調査していますが、微妙に差が出ています。

男性

1位 1万円……27%

2位 3万円……26%

3位 2万円……25%

4位 5万円以上……19%

5位 5千円以下……3%

 

女性

1位 1万円……31%

2位 2万円……29%

3位 3万円……23%

4位 5千円以下……11%

5位 5万円以上……6%

 

1位はどちらも「1万円」。しかし男性は「5万円以上」が19%と少なくないのに対し、女性はたったの6%。一方女性は「5千円以上」が11%に対し、こちらは男性がわずか3%。一般的に婚活系ビジネスの会費は女性より男性が高額なことがほとんどですが、やはり女性と比較すると男性のほうがお金をかける意識が強いことが分かります。

確かに5万円も参加費がかかるパーティーなら、それなりに本気の覚悟が必要になります。

ちなみに「5万円以上」と答えた男性の意見で「なるほど」と感じたのは「経験上、投資しない婚活の場合、軽い気持ちで参加する方も多く、同じくらいの想いでいる人との出会いは少ないと思う(男性 38歳)」というもの。確かにあまりにリーズナブルだと「冷やかし」で参加している可能性は高いかもしれません。こういった意見は、婚活の経験で生まれた貴重な意見だと思います。

男性は「20代から婚活すべき」派が大多数!一方女性は……?

また同調査では、婚活中の男女に「20代からの婚活はどう思うか?」という質問もしています。すると男性で一番多かったのは「20代から婚活するべきだ」という意見。しかし女性は、「興味があるが実行するほどではない」が1位だったのです。そのほかの結果はこちら。

男性

1位 20代から婚活するべきだ……30%

2位 すでに婚活している(していた)……21%

3位 興味があるが実行するほどではない……18%

3位 20代は金銭・時間的問題がある……18%

5位 20代は必要ない……13%

女性

1位 興味があるが実行するほどではない……27%

2位 20代は必要ない……21%

3位 20代から婚活するべきだ……19%

3位 すでに婚活している(していた)……19%

5位 20代は金銭・時間的問題がある……14%

「20代から婚活するべきだ」は男性が30%に対し、女性は19%。一方「20代は必要ない」は男性13%に対し、女性は21%。明らかに、20代に対する結婚の危機感に差が出る結果となっています。

では実際、「20代から婚活するべきだ」と主張する男性の切実な意見を拾ってみましょう。

「20代から婚活をするべき。結婚しないで後悔するより結婚して後悔する方がまだ救いがあると思うから」(男性 36歳)

「20代から婚活をするべき。結婚は誰にでもある年齢になると出来ると思ってた。私は仕事で時間はかなりキツかった。鏡をもっと見るべきだった」(男性 42歳)

一方女性の「20代は必要ない」派はこんな意見です。

「20代はまだ婚活をしなくても自然な出会いはたくさんあると思います」(女性 32歳)

「20代は必要ない。無理に婚活するよりは、あまり意識し過ぎずにいろんな人と話をして、自然の流れに身をまかせていた方が視野も広がると思います。(女性 36歳)

 さてどちらの意見に説得力があるでしょうか……。

男性が求める女性の「癒し」の正体とは?

同調査では、そんな男性たちが女性に望む「思わず結婚したくなる女性のスキル」というアンケートも行なっています。その結果がこちら。

1位 癒し……37%

2位 愛情表現……31%

3位 料理……19%

4位 子ども好き……7%

5位 掃除洗濯……1%

1位は「癒し」。一昔前に「癒し系」という言葉がもてはやされましたが、そもそも「癒し」とは一体何なのか? ちなみに「癒し」と答えた男性からは、このような意見が出ているようです。

「一人暮らし生活が長く、一抹の寂しさを感じるようになったから」(男性 25歳)

「お互いの関係に過度な緊張感は困る。癒しでなくても、穏やかな関係が理想」(男性 39歳)

要するに「癒し」とは、寂しさを癒して穏やかな関係をつくるようなスキルなのでしょうか?そういえば、よくビールなどのお酒のCMでは、仕事から帰って疲れた亭主に妻が「お疲れ様」と優しく男性に囁く姿が描かれています。まさにあの世界観が、男性の目指す理想の「癒し」なのかもしれません。

そしてその他の結果をみると、料理スキルはある程度求められるものの、掃除洗濯スキルを求める人はほぼ皆無ということも分かりました。しかしこれは「結婚しても掃除洗濯をやらなくてもいい」という意味ではなく、「これはできて当たり前だから、できても結婚したくならない」という回答である予感がします。

女性の皆さん、婚活の参考になったでしょうか? 

【調査概要】
調査媒体:結婚相談所サンマリエ「婚活の日」結婚と婚活に関するアンケート2017
調査対象:23〜58歳までの独身男女 サンマリエ会員
サンプル数:338サンプル
調査期間:2017年4月1日〜4月10日