モテを諦めるとモテる!? 恋愛ご無沙汰女子に捧げる男子の本音

写真拡大 (全9枚)

職場と自宅の往復だけで出会いがない。なんとか現状打破したいけれど、合コンとかは苦手……そう思っている恋愛ご無沙汰女子のみなさんに朗報です!

最近めっきり出会いナシの私「ドテコ」が、男性の本音を聞き出すべく、大学生からアラフォー紳士まで世代の違う5人を集めて恋愛座談会を開催。男性から見た魅力的な女性の特徴を教えてもらいました! 出会いに恵まれるには、いったいどうすればよいのでしょうか?

■特徴1「行きつけのお店がある子」


-学生時代はサークルやゼミ、バイト先とたくさんのコミュニティがあったけれど、今は職場でしか異性と触れ合う機会がありません……。出会いってどこに落ちているんでしょう?

「職種によるんじゃないかな? 経営者は出会い多いみたいだけど、SEとかは全然出会いがないって言うよね」(大仏さん・31歳/メーカー/交際4年半)
「僕は8年間彼女がいません」(トラさん・38歳/Web関係/彼女いない歴8年)

-8年!? すごいですね……(悟りが開けそう)!

「自然に出会いたいなら、行きつけのお店をつくって、そこのマスターと仲良くなるのなんて手っ取り早いんじゃないかな?」(サルさん・30歳/広告プロデューサー/既婚)
「ああ、わかるわかる。マスターを介して自然と他の客と繋がりが生まれるんだよね。それに、カウンター席に1人で飲んでる女の子がいたらちょっと気になるかも」(マスクさん・37歳/SE/既婚)

-ええっ、そうなんですか!? ひとり飲みに行って、どうやってマスターと絡めばいいんでしょうか?

「いいマスターなら、お店にいちど来たお客さんのことは覚えていてくれますよ。仲良くなれば、他の常連さんと話をうまく繋げてくれることも」(マスクさん)
「僕みたいな若者にも気さくに話を振ってくれますしね。最初は緊張するけど、すぐに慣れますよ」(おかめさん・22歳/大学生/交際9カ月)

-え、大学生にしてこなれた感じ。おかめさん、いったい何者……。

■特徴2「男性を異性として意識しすぎない」


-行きつけのお店でマスターと仲良くなったら恋愛に発展するような出会いがあると期待していいってことですか?

「うーん、でも恋の出会いを意識しすぎると、男性に伝わるから要注意だね。過剰なプレッシャーを与えかねない。飲み屋にいるお客さんは、色恋目当てで来る人ばかりじゃないから、普通に楽しみながら会話することが大事だと思う」(大仏さん)

-あ〜、確かに恋愛意識しすぎて気張っちゃうと空回りしそう。

「お店に行くのは恋愛目的というより、人脈を得るための投資だと考えてみるといいかも。実際、僕は行きつけのお店で老若男女関係ない友情を築くことができました」(大仏さん)

「仕事とか関係なく人付き合いの幅が広がるから、それだけでも十分に価値があると思いますよ」(サルさん)

-ハードルが高めに思えていた、ひとり飲みが魅力的に思えてきました! 座談会が終わったら勇気を出して行ってみようかな……。

■特徴3「恋愛以外の人生を楽しんでいる」


「恋愛や結婚をガチガチに意識している子って、ちょっと近寄りがたいよね。モテることを意識している人ほど、実はモテなかったりする」(サルさん)

-ああ、やっぱり! 私の友人も結婚を意識していた時は空振り続きだったのに、そういうのをやめて趣味を謳歌し始めた途端、モテ始めたって言ってました!

「男性に求めすぎないで、自分の価値観で物事を決める女性は品がありますね」(大仏さん)

「恋愛に限らず、夢中で人生を楽しんでいる女性は素敵だと感じます」(おかめさん)

男性陣のお話を聞いていたら、出会いが欲しいと思いつつ、そういった場所に足を運んでいないことに気づいた私。ひとり飲みはチャレンジしてみる価値がありそうですね! 

まずは自分の楽しみを広げることが、いい出会いや恋愛への近道かも!?

次回は、今のパートナーとの馴れ初めを聞いてみようと思います。乞うご期待!

(ドテコ+どてらい堂)

■ドテコ体当たり調査シリーズ「どんな女の子が好きですか? 男の本音座談会で聞いてみた」

ドテコがALICEY世代の女性に代わって、恋愛にまつわるアレコレを突撃取材するこの企画。こちらも読んでね!