26日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本が遅れている10の分野について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年5月26日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本が遅れている10の分野について紹介する記事を掲載した。

記事が指摘した日本が遅れている分野の1つが「高速道路」だ。一人当たりの高速道路の長さが日本は中国より約3割短いのだという。2つ目は「起業精神」だ。日本では財閥が多くの分野ですでに独占しており、起業するにも連帯保証人制度があって失敗のリスクが大きすぎるため、起業を目指す人が少ないという。

3つ目は「仕事の効率の悪さ」だ。日本では昇進が競争ではなく耐え忍ぶことにかかっており、残業せざるを得ず、仕事の効率が悪くなっているという。4つ目は「クラウドやビッグデータ」だ。この面で中国は進んでおり、この先は米中の競争になるとした。

5つ目は「スマホ、ノートPC、タブレット」だ。この分野では日本市場ですら中国や米国にシェアを奪われているとした。6つ目は「キャッシュレス」だ。中国のコンビニでは、キャッシュ払いが11%にすぎず、日本ははるかに遅れているとした。7つ目は「アプリ」だ。中国には多くの中国産アプリがあるが、日本は外国のアプリ頼みだという。

8つ目は「webデザイン」だ。見た目も使い勝手も悪いと指摘した。9つ目は日本が「父権制」で女性の地位が低いこと、十番目は「責任感」で、集団としてはルールをよく守るものの、個人としては社会に対する責任感が低く、世界寄付指数も下位であると指摘した。

これに対し、中国のネットユーザーから「でも中国人は民度で遅れているというこの1点だけで、頭が上がらなくなる」「日本はもう数十年発展していないが、それでもまだ中国は追いつけていない」などのコメントが寄せられた。

また、「でも日本の科学技術は世界有数だ。医療機器は欧米製でなければ日本製だ」「どんなに遅れていても日本は100カ国以上をビザなしで行けて、首相をののしる横断幕を掲げられる」という意見もあり、日本を称賛するコメントが大半を占めていた。(翻訳・編集/山中)