「年の差恋愛を経験したことがある」という女性は意外と多いようです。年上なら10〜20歳差は今や普通。なかには10歳以上年下の男性と付き合っていたという女性も!?
今回はそんな年の差恋愛を熟知した女性たちにきき込み調査! 「年上彼氏&年下彼氏との恋愛から学んだこと」を教えてもらいました。

年上彼氏から学んだこと

若さは女の武器になる

年上男性との交際経験を持つ女性たちから一番多くきかれた教え、それは「若さを最大限に活用すべし!」ということ。ある20代の女性は40代の彼氏から「同世代にはない若さと勢いがあるから君にひかれた。そのエネルギーを大切にしてほしい」と言われたそうです。外見内面問わず、大人の男性に近づくためには、無理して背伸びをする必要はなさそうですね。

年上を落とすには「かわいい+α」の魅力が必要

ある女性は、学生のときにフラれた15歳上の彼の言葉が今でも忘れられないそうです。それは「君はすごくかわいい。かわいいけど、それ以上のよさが見つからないんだ」とのこと。なんとも胸に刺さる言葉です。
彼女はミスキャンパス候補になるほどの美貌の持ち主で、同世代の異性にとってはマドンナ的存在でした。自身の失恋を振り返って、彼女は「まわりからチヤホヤされるだけで満足し、自分から打ち込めるものはなにもなかった」と言います。
しかし今では美容関係の資格を取得しサロンを経営するほどの逸材に! 美貌も知性も兼ね備えた女性となって、19歳上のステキな旦那さまと幸せな家庭を築いています。

年下彼氏から学んだこと

年齢を言い訳にしていた自分に気づく

38歳にして大企業の上級管理職という華々しいキャリアを持つ女性に話をきいたところ、先月9歳下の彼氏と結婚したばかりとのこと! しかし彼女は彼と出会うまで「事務職へ異動して細く長く働くつもりだった」そうです。
35歳をすぎてから仕事中心の先が見えない生活に疲れてしまったことが理由のようですが、彼と交際を始めたことで再びキャリアアップを決意したそうです。
彼女いわく「彼が『本当はなにがしたいの? 年齢であきらめるんじゃなくて、君が進みたい道を選んで』と教えてくれたんです。その通りだと思いました。私は仕事が大好きだし、これまで頑張って築いてきたキャリアを崩したくない。でも、仕事以外の楽しみを経験せずに年を重ねることが怖かったんです。彼の恐れを知らない若さに背中を押されました」と。
これがもし彼女の心情を理解する同年代の彼氏であり「これ以上無理しなくていいよ」などと言われていたら、彼女の今の輝きはなかったかもしれません。

番外編

最後に話をきいたのは、年上&年下両方の交際経験を持つツワモノ女性。彼女に「どちらの恋愛がより楽しかったか?」とたずねたところ、少し悩んで「年下」という答えをもらいました。理由は「若い方がアグレッシブだから」だそう。
彼女自身もアウトドア派で活動的な趣味が多いので、付き合う男性には並み以上の運動神経と体力を求めるようです。さらには夜の営みも、やはり年下のほうが圧倒的に持久力があって盛り上がるのだとか……。恋愛にアグレッシブさを求める女性は、年下彼氏がおすすめのようです。