目標の決勝トーナメント進出を決めた日本だが、DFの中山にしてみれば3試合連続の先制点献上は大きな反省材料となったようだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[U-20ワールドカップ・グループステージ最終戦]日本 2-2 イタリア/5月27日/韓国・天安
 
 堂安律の会心の2ゴールによって、3位でグループステージ突破を決めた日本だが、一方で3試合連続の先制点を献上してしまったディフェンス面に関しては、いまだ不安の残る試合となってしまった。

【U-20W杯|日本 2-2 イタリア PHOTO】堂安、鮮烈2ゴール!
 
 イタリア戦後、2試合連続でゲームキャプテンとして試合に臨んだ守備の柱である中山雄太は、「目標のグループリーグ突破を達成できたことに対して、嬉しく思います」と語ったうえで、試合を振り返って次のように述べている。
 
「早い段階で失点してしまったり、自分たちが苦しい状況にしてしまったなかでの試合運びは大変でした。結果として追いつけましたけど、課題の残る試合だったと思います」
 
 初戦の南アフリカ戦と同様、早い時間帯での失点を喫し、窮地に立たされた点は決勝トーナメントへ向けての大きな反省材料となるだろう。中山も「上に上がるためには失点を減らさないといけないですし、そのためにも試合の入りというところでまだまだ甘い部分がある。もう一度全員が気を引き締めていかないと、また苦しい状況で戦うことになると思う」と話しており、立ち上がりの戦い方が上位進出へのポイントになりそうだ。