森を守る活動から生まれた無添加ドッグフード「鹿のめぐみ」

写真拡大 (全5枚)

家族同様の愛犬たちにも、おいしい食事を与えたいと思っている人は多いと思います。そんな想いとは一見遠そうな、国内各地の森を守る活動から生まれたドッグフードには、なるほどのこだわりがつまっていました。
毎日食べても飽きないおいしさ
国内産の原料で着色料や保存料を一切使わず、地球環境や命の循環を大切に作られたペットフードが「鹿のめぐみ」です。国内産の鹿肉を100%使用していることから、この名前がつけられています。
鹿のめぐみ 一般食 / 4,860円(税込)
野生の鹿肉を使用するため、一般的な家畜のようなえさではなく、野生のえさを食べているので、鹿肉自体がとてもナチュラル。ドッグフードって、たくさんの種類を常に準備しておくのは大変なので、毎日食べても飽きないおいしさをコンセプトにシンプルで上質なペットフードにこだわったそうです。
<左から>野生鹿ドライトライプ / 1,620円(税込) 野生鹿ジャーキー / 1,296円(税込) 野生鹿スティック / 1,944円(税込)
なんと、おやつもありました。「人間も食べることができる」という理念のもと、加工、製造されています。
森を守るために野生の鹿を
「鹿のめぐみ」が、野生の鹿肉だけで作られているのは、実は、いま全国各地の森では、野生の鹿が増え続けることによる被害があるからです。鹿が木の皮を食べ、枯れてしまうことで、森が消滅してしまっては生態系が崩れます。ハンターも減少し、捕獲量は全体の10%にも満たないのだとか。

さらに野生鹿の場合、ジビエとして人間が食すには、2時間以内に処理しなければいけないという規定があり、私たちの食卓に上るためには人手不足なのだそう。とはいえ、十分新鮮なので、ペットフードならおいしくいただけると作られたのが「鹿のめぐみ」。森を守り、鹿の命を無駄にしたくないという想いから生まれた、環境にも愛犬にも優しいペットフードです。
同時に、「綿のめぐみ」というメイドインジャパンにこだわったオーガニックコットンのドッグウェアも登場。
綿のめぐみ タンクトップ / 4,644円(税込)
ナチュラルで安心素材のドッグフードやウェア。環境保護にもつながると思うと、人間も愛犬たちもハッピーになれそうです。
[森から海へ]