中山雄太【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-2 イタリア U-20W杯グループステージ第3戦】

 U-20日本代表は27日、U-20W杯グループステージ第3戦でU-20イタリア代表と対戦し、2-2で引き分けた。勝利はならなかったが、決勝トーナメント進出を果たした。

 CBの中山雄太は「グループリーグを突破するという目標を達成できたことは嬉しく思う」と話したが、試合内容については満足していない。

「立ち上がりで失点してしまったり、自分たちが苦しい状況にしてしまった中での試合運びというのは大変だった。結果として追いつけたことはポジティブだが、課題の残る試合だった」

 決勝トーナメントでは小さなミスは命取りとなる。中山は修正すべき点について「まずは失点を減らさないといけない。試合の入りというところでまだまだ甘い部分がある。もう一度全員が気を引き締めていかないと、また苦しい状況で戦うことになる」とチームを鼓舞する意思を示した。

 試合を振り返る表情に明るさは全くなかった。第一目標はクリアしたとはいえ、課題は山積みだ。中山には、リーダーとしてチームを束ねる仕事が求められる。

text by 編集部