イタリア戦2得点のMF堂安が日本の救世主に 決勝T進出決定に安堵「ホッとしています」

写真拡大

後半5分、堂安が天才的な4人抜きドリブルシュートで同点弾

 U-20日本代表MF堂安律(ガンバ大阪)が天才的な4人抜きドリブルシュートを叩き込むなど2得点の活躍で、若き日本代表のU-20ワールドカップ(W杯)韓国大会決勝トーナメント進出を呼び込んだ。

 グループリーグ第3戦のイタリア戦、1-2で迎えた後半5分に鮮やかな突破から同点ゴールを決めるなど殊勲の背番号7は試合後「ホッとしています」と安堵の表情を浮かべた。

 日本は前半7分で2失点をする苦しい展開となった。しかし同22分にMF遠藤渓太(横浜F・マリノス)のクロスに堂安が身体ごと投げ出す魂のシュートで1点差に詰め寄ると、後半5分にその才能が爆発する。

 ボールを持った堂安がドリブル突破を仕掛けるとペナルティーエリア内に侵入。細やかなタッチでイタリア守備陣を翻弄し、複数人のマーカーを無力化して左足シュート。これがゴールラインを超えて2-2に追いついた。堂安の2得点によってグループ3位の上位4カ国入りが確定し、日本は決勝トーナメント進出を決めた。

「ホッとしています。立ち上がり上手く入れず2失点しましたけど、上手く立ち直って2得点できました」

日本の4得点中、堂安が3得点

 堂安は試合後のインタビューで開口一番こう語った。グループリーグ3試合で日本が挙げた4得点中、堂安が3得点。イタリアの地元メディアからも“要注意人物”として名を挙げられただけの実力を見せたが、すでに視線は先に向けられている。

「(1点目は)遠藤選手が良いボールをくれたんで、ゴールするだけでした。2点目については、あれ(ドリブル突破)は自分の特徴なんで」

 ゴール後には、第2戦ウルグアイ戦で左ひざ前十字靭帯断裂の重傷を負ったFW小川航基(ジュビロ磐田)が会場で試合を見守るなか、小川のユニフォームを掲げる男気パフォーマンスも見せた。「やっぱり今まで一緒に戦ってきた仲間なんで、アイツのために戦うと思って戦ったんで、良かったです」と、無念の離脱となったエースを思いやるメッセージを送った。

 ガンバ大阪の育成組織が生んだ天才が、韓国の地で覚醒の時を迎えている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images