U-20日本代表の堂安律【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-20ワールドカップ(W杯)グループD最終節が27日に行われ、U-20日本代表はU-20イタリア代表と2-2でドロー。この結果、日本はグループ3位ながらも決勝トーナメント進出を決めた。

 開始わずか7分でイタリアに2点を奪われる苦しい展開となった日本だが、南アフリカとの初戦でも逆転のゴールを挙げた堂安律がチームを救った。22分には遠藤渓太からのクロスに合わせて1点を返す。50分にはエリア内の密集地帯をドリブルですり抜け、2-2の同点ゴールをもたらした。

 苦しい戦いを終え、「ホッとしてます」と堂安は試合後にコメント。「立ち上がりうまく入れず、2失点してしまいましたけど、うまく立て直して同点にできて良かったです」と安堵の様子を見せた。

 1点目については、「遠藤選手が良いボールをくれたので。なんとか足を伸ばしました」と堂安。2点目に関しては「自分の特徴なので、決められて良かったと思います」と持ち味を出せたプレーを喜んだ。

 2点目を決めたあとには、ウルグアイとの第2戦で負傷して帰国を余儀なくされたFW小川航基のユニフォームを掲げた。「今まで一緒に戦ってきた仲間なので。アイツの分まで頑張るつもりでピッチに立っていました」と思いを述べ、「また厳しい戦いが続きますが、しっかりケアして頑張っていきたいと思います」と決勝トーナメントへの意気込みを見せた。

text by 編集部