天才MF堂安が圧巻の4人抜きドリブルで同点弾 日本がイタリアに追いつき、決勝T進出に近づく

写真拡大

戦況を見守っていたエースFW小川のユニフォームを掲げる男気パフォーマンス

 U-20日本代表MF堂安律(ガンバ大阪)が天才的な4人抜きドリブルシュートを叩き込み、若き日本代表のU-20ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント進出に大きく近づくゴールを決めた。

 グループリーグ第3戦イタリア戦の1-2で迎えた後半5分に鮮やかな突破から同点ゴールを叩きこんだ。

 この日の日本は前半7分で2失点をする苦しい展開となった。しかし同22分にMF遠藤渓太(横浜F・マリノス)のクロスに堂安が身体ごと投げ出す魂のシュートで1点差に詰め寄ると、後半5分だった。ボールを持った堂安がスルスルとドリブル突破を仕掛けてペナルティーエリア内に侵入。細かなタッチでイタリア守備陣を翻弄し、複数人のマーカーを無力化して左足シュート。これがゴールラインを超えて2-2の同点となった。

 ゴール後には、第2戦ウルグアイ戦で左ひざ前十字靭帯断裂の重傷を負い、スタンドから戦況を見守っていたエースFW小川航基(ジュビロ磐田)のユニフォームを掲げる男気パフォーマンスも見せた。

 勝利はもちろん、2点以上を奪っての引き分けなら決勝トーナメント進出が決まる日本。ガンバ大阪の育成組織が生んだ天才が、韓国の地で輝いた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images