ラカントをご存知ですか。カロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」をスーパーや薬局で見かけて気になっている人も多いのではないでしょうか。ラカントは人工的なものは一切加えず、しかも血糖値を上げない健康甘味料として、安定した人気を誇る甘味料なのです。

ラカントの原材料はたった二つだけ

生活習慣病の増加で、糖分や脂肪の摂りすぎを気にする方が増えています。以前、砂糖に変わる健康甘味料として、人工甘味料がもてはやされたことがありました。しかし健康面での心配が尽きないとして、人工甘味料の使用は減っているようです。食品として摂取するからには、やはり安全で安心なものを選びたいですよね。そして登場したのが、自然派甘味料ラカントです。ラカントは、洗剤や石けんなどを製造する化学メーカー「サラヤ」が開発した甘味料です。

ラカントの原材料はいたってシンプル。羅漢果(ラカンカ)という果物から採れる「高純度エキス」と、トウモロコシの発酵から得られる天然甘味成分「エリスリトール」の二つだけ。エリスリトールは糖質の一部でありながら、体内で代謝されることがないのでカロリーにならず、しかも体内で吸収されても90%は排出されてしまうので、普通の砂糖のように血糖値を上げることがありません。高い血糖値は糖尿病だけでなく、動脈硬化などの病気を引きおこす原因となりかねません。血糖値対策に適したラカントは、国内だけでなく海外でも評価を得ています。

使い勝手抜群のラカント

ラカントが評判なのは、血糖値対策によいからだけではないんです。それはラカントの使いやすさにあります。まずはラカントの甘さ。砂糖以外の甘味料は、甘すぎたり独特な風味があったりして、使いづらいことがよくあります。しかしラカントの甘さや味は極めて砂糖に近く、違和感がありません。そのため料理やお菓子作りの際に通常の砂糖のように使え、同じ分量で大丈夫なんです。それにラカントは加熱により甘さが変わることがないのも人気の秘密です。使い勝手がよく健康にもよいとのことで、リピーターの方が多くいるようです。

安全対策万全なラカント

ラカントの原材料である羅漢果(ラカンカ)は、中国の桂林を原産とするウリ科の植物です。羅漢果は中国政府により重点保護植物に指定されているため、中国国外に果実や種子を持ち出すことは禁止されています。そのため日本で羅漢果の果実を見ることはありません。羅漢果の果実は直径4〜6cmの球型で、強い甘味があり、豊富なビタミンやミネラルを含んでいます。サラヤは中国の現地研究機関の協力を得て、砂糖の300倍もの甘さをもつ高純度羅漢果エキスの採取に成功、特許を得ています。

中国産の羅漢果を使用するにあたり、サラヤでは安全性を確保するために、契約農家にて無農薬で栽培した果実を使用。そして日本に輸入後、残留農薬・重金属の検査を外部機関にて行い、日本国内の自社工場で徹底した品質管理のもと製造しているとのことです。ラカントはコクのある定番シリーズ「ラカントS」を始め、砂糖のように白く美味しさを追求した「ラカントホワイト」、またジャムや飴、すき焼きのタレなどラカントを使用したヘルシー食品等、多くのラインナップを揃えています。甘いものが好きだけれどカロリーや血糖値が気になる、という方にラカントなら安心して使えそうです。ラカントで簡単、健康な食生活を目指しましょう。


writer:Akina