Samsungの最新フラッグシップモデルであるGALAXY S8が、2年前に発売されたiPhone6sに、アプリの起動スピードを比較するテストで負けたとする動画が話題を集めています。

軽量アプリではGalaxy S8の勝ちだが

動画では、ユーチューバーのPhoneBuffが、Galaxy S8とiPhone6sでアプリを次々と起動していきます。
 

 
軽量アプリを起動する段階でこそGalaxy S8が優位を保っていますが、ゲームなどグラフィックス性能が要求される段階になると一気にiPhone6sが逆転します。
 

 
動画で確認する限りでは、どのゲームでもS8はロード画面でもたつきがみられ、最終的にはラップタイムで7秒の差をつけ、iPhone6sがGalaxy S8に勝ってしまいます。
 

制約の多いiOSが効率的なのは当たり前?

もちろん、開くアプリや環境によって結果は異なりますし、そもそもiOSとAndroidというOSの違いがあるので、このテストをもってGalaxy S8がiPhone6sよりも劣っていると、短絡的に断言することはできません。
 
またiOSはAndroidに比べ、サードパーティー・アプリの制限が強いため、たとえCPUやメモリの性能が劣っていても、iOSは効率的に少ないリソースで動くことが可能とも言われています。
 
ニュースサイトBGRは、これを「トレードオフ」だと表現しています。つまり、Androidはデベロッパーにとってオプションも潤沢で自由だけれども、その分アプリの効率性が失われてしまうというわけです。
 

 
 
Source:BGR,IBT