25日、韓国の国会議員が空港で見せた行為をまねする人が続出し、韓国・済州空港の到着ロビーが大混乱に陥っているという。写真は済州空港。

写真拡大

2017年5月25日、韓国の国会議員が空港で見せた行為をまねする人が続出し、韓国・済州(チェジュ)空港の到着ロビーが大混乱に陥っているという。韓国・ソウル新聞などが伝えた。

韓国政界で要職を歴任してきた「正しい政党」の金武星(キム・ムソン)議員は23日、日本からの帰途でソウル金浦空港に到着、この時手にしていたスーツケースの、出迎えた関係者への渡し方が話題となった。到着ロビーのゲートから出てくるや否や、右手で押していたスーツケースをそのまま関係者の方に滑らせ「パス」、受け手にはちらりとも視線を移さなかったことから、これがスポーツの高度な技「ノー・ルック・パス」のようだとネットで反響が起こったのだ。

そしてこの反響は実際の空港にまで広がった。25日、済州島を訪れた観光客のSNS投稿によると、済州空港の到着ロビーでは「ノー・ルック・パス」をまねする人が続出し、他の観光客らの通行を妨害する騒ぎに。そして空港職員らが迷惑客らに自制を求める事態になっているという。SNSには他にも、「済州空港に行く途中なんだけど、ガイドさんから『金武星ごっこ』をするなと言われた」「修学旅行生たちが『ノー・ルック・パス』をやって済州空港がめちゃくちゃなことになっている」などの投稿があった。

報道によると、済州空港だけでなく韓国国内の他の空港でも一部の観光客が到着ロビーのゲート付近で金議員のまねをする姿がみられるという。

金議員の動画が公開された当初、関係者に文字通り目もくれず荷物を放った行為に対し、韓国では「礼儀がない」「パワハラだ」「品性が感じられない」といった批判も多数出ていた。そのため修学旅行生がまねをしているとの今回の報道には「子どもたちにとんだことを教えてくれたね」「青少年への悪い見本になった」「国会議員が社会の模範とされてるから、生徒たちがまねするんだよ」と、子どもたちへの影響を懸念する声が寄せられている。

また、「姿からして傲慢(ごうまん)さが分かる」「情けない。もう顔も見たくない」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は国民に笑顔をくれるけど、金武星がくれるのは笑いのネタ」と金議員に対し改めて厳しい言葉を投げるコメントや、「まねする際は左右をよく見てからね」「金武星はカーリングでも始めたらどうだ?」と面白おかしく笑い飛ばそうというコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)