名波監督は選手たちにアグレッシブな姿勢を求めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ13節]広島0-0磐田/5月27日/Eスタ

【広島 0-0 磐田PHOTO】共にゴールを割らせず、勝ち点1を分け合う

 磐田がリーグ戦の連敗を2で止めた。エディオンスタジアム広島に乗り込んだアウェーの広島戦で、0-0のドロー。しかし、勝点1という結果に、名波監督は満足できなかったようだ。
 
 試合後のフラッシュインタビューに応えた同監督は、「奪った後のロストが少なくてスピードに乗るところまで行けていた」と攻撃面での手応えを語りつつ、次のように続けた。
 
「ただ、高い位置でのミスや連係不足があった。何回かシュートチャンスもあったので、1本入っていればというゲーム。2ポイントを失ったのは、サンフレッチェではなく我々だなと思います」
 
 とりわけ、「勝点を失いたくない気持ちも選手のなかに出てきた」とやや消極的になった後半の出来に不満のようで、「選手交代で攻撃的なメッセージは伝わったと思うが、ちょっとセーフティなプレーが増えて後半はガクッとシュート数が減った」と渋い表情。「前半くらい、やんちゃなシュートも含めてどんどんゴールに向かっていけば、ゴールシーンは生まれると思います」と課題の解決策にも触れて、インタビューを締めくくった。