2017年秋に登場するiPhoneは、iPhone7のマイナーアップデートとなる「iPhone7s」「iPhone7s Plus」、iPhone7からデザインを一新させた「iPhone8」の3モデルだと考えられています。しかし、このうち「iPhone登場10周年モデル」というべきデバイスの名称がiPhone8ではない、との観測が浮上しています。

「本来のiPhone8」は来年登場?

iPhone登場10周年モデルの名称がiPhone8ではない、とTwitter上で述べるのは、このところリーク情報で注目を集める@Benjamin Geskinです。
 


 
同氏によれば、iPhoneが秋に3モデル登場することは間違いないものの、これまでiPhone8とされてきたデバイスは別の名称となり、本来のiPhone8はこれまで通り、2018年にリリースされるそうです。
 
ただ、ユーザーからの「(これまで言われていたような)iPhone Editionか、iPhone Xか、それともただのiPhoneか」という質問に対しては、「名前は問題じゃないと思う。携帯こそが問題だ」として、言明を避けています。

正式な名称は不明

iPhone登場10周年を記念したモデルについては、これまでのiPhoneにはなかった有機EL(OLED)ディスプレイが採用されるほか、ホームボタンが消失しディスプレイ領域が拡大、筐体の両面をガラスで挟み込んだようなデザインなど、従来のiPhoneとはかなり違った形状になると言われています。
 
それだけに注目度も高く、このモデルが2017年のiPhone出荷台数を大きく底上げする役割を果たす、と多くのアナリストがみています。
 
 
Source:Twitter
(kihachi)